カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 知識 >
  5. 吐いてるのは食べ物だけじゃない!

美容・ダイエット

吐いてるのは食べ物だけじゃない!

 

 

綺麗になりたい、そう思わない女性はいないと思いますが、その為に過剰なダイエットをしてしまい健康を崩す方がいます。

中でも食後に自ら食べた物を吐いてしまう方は、食物だけなく胃酸も喪失してしまうために体内の酸とアルカリのバランスが崩れてしまいます。

 

アルカローシスとは

 血液のpHは通常7.40±0.05の範囲内で収まっています。

しかし、pH1~1.5という非常に強力な酸である胃酸が繰り返しの嘔吐によって失われると、血液pHの正常範囲から逸脱してアルカリ性に傾いてしまうアルカローシスになる可能性があります。

 

 アルカローシスの症状

 カルシウムイオンと血漿タンパクが結合し低カルシウム血症を引き起こします。

筋力低下、頭痛やシビレ、痙攣発作やテタニー、せん妄、嗜眠傾向などが見られます。

 

 

アルカローシスの治療法

 水分と電解質の補給を行います。

重度のアルカローシスの場合には薄めた酸の点滴を打つ事もあります。

 

嘔吐に伴う合併症

食道は胃と違い酸から防御するための仕組みが備わっていません。

強力な胃酸が食道を何度も通過することによって食道炎、ひどくなると食道潰瘍を引き起こします。

 

まとめ

たかが食べ物を吐くだけと思っていても、繰り返される嘔吐は体内の電解質バランスを崩します。

このような状態では肌もボロボロになり、顔色も冴えなくなります。

美容の基本は健康からです!

無茶なダイエットは控えましょう。 

 

 

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/03/08-358850.php?category=174)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

知識に関する記事

ダイエットをするならまず胃を小さく

ダイエットをし、食事を制限する上で最も障害となるのが空腹感です。 人体が飢餓を...

40代のラストダイエット!まだ間に合う40代のダイエット「現状の理解」と「コツ」

30代の頃から体の変化を感じていませんか?そのまま40代になって、下腹部に、...


間食をやめる効果的な方法とは!?

  間食は上手に行えばダイエットの味方にもなりますし、絶対に太るというわけでは...

食べないダイエットで起こる「低血圧」なぜ食べないと低血圧になってしまう?

  女性は、常にダイエット中という方もいると思います。ダイエットの方法も色々とあ...

カラダノートひろば

知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る