カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 知識 >
  5. 吐いてるのは食べ物だけじゃない!

美容・ダイエット

吐いてるのは食べ物だけじゃない!

 

 

綺麗になりたい、そう思わない女性はいないと思いますが、その為に過剰なダイエットをしてしまい健康を崩す方がいます。

中でも食後に自ら食べた物を吐いてしまう方は、食物だけなく胃酸も喪失してしまうために体内の酸とアルカリのバランスが崩れてしまいます。

 

アルカローシスとは

 血液のpHは通常7.40±0.05の範囲内で収まっています。

しかし、pH1~1.5という非常に強力な酸である胃酸が繰り返しの嘔吐によって失われると、血液pHの正常範囲から逸脱してアルカリ性に傾いてしまうアルカローシスになる可能性があります。

 

 アルカローシスの症状

 カルシウムイオンと血漿タンパクが結合し低カルシウム血症を引き起こします。

筋力低下、頭痛やシビレ、痙攣発作やテタニー、せん妄、嗜眠傾向などが見られます。

 

 

アルカローシスの治療法

 水分と電解質の補給を行います。

重度のアルカローシスの場合には薄めた酸の点滴を打つ事もあります。

 

嘔吐に伴う合併症

食道は胃と違い酸から防御するための仕組みが備わっていません。

強力な胃酸が食道を何度も通過することによって食道炎、ひどくなると食道潰瘍を引き起こします。

 

まとめ

たかが食べ物を吐くだけと思っていても、繰り返される嘔吐は体内の電解質バランスを崩します。

このような状態では肌もボロボロになり、顔色も冴えなくなります。

美容の基本は健康からです!

無茶なダイエットは控えましょう。 

 

 

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/03/08-358850.php?category=174)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

知識に関する記事

タンパク質は常に必要量をキープ

 ダイエットだろうと糖質制限だろうと、タンパク質だけは常に必要量をキープしておく...

やせたい!!そんな拒食症願望を叶えたい女子が知っておくとよいこと、拒食症の恐怖とは?

世界一細い女性のヴァレリア・レヴイテインさんは身長172.7㎝で26.8キロ。 ...


メタボは生活習慣病の原因になる!肥満の原因を知るには脂肪細胞を知ろう

多くの女性は肥満にならないように常日頃からダイエットに励んでいるのではないでし...

砂糖不使用やシュガーレスにカロリーゼロ?低カロリーの甘味料の表示を理解しよう!

カロリーゼロや、シュガーレス、砂糖不使用など表記のある食品を良く目にするとおもい...

カラダノートひろば

知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る