カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. 尿崩症 >
  5. 低カリウム血症と低カルシウム血症で腎性尿崩症に?!

気になる病気・症状

低カリウム血症と低カルシウム血症で腎性尿崩症に?!

 

 

 

腎性尿崩症

腎性尿崩症には、先天性腎性尿崩症後天性腎性尿崩症とがあり、先天性は極めてまれで遺伝性があり、男性のみに発症するという特徴があります。

 

それに対し、後天性腎性尿崩症は、慢性腎性疾患により合併症として引き起こされるものです。

尿崩症体内にある水分が尿として排出される量が極めて多くなるため、体内の水分量が低下し、常にのどが渇いたり、水分補給を怠ったり急激な水分排出で、脱水症状などを引き起こす病気です。

水分を常に補給していれば、日常生活に問題はありませんが、水分を多量に摂取することでまた尿量や回数が増えたりします。

 

 

原因は低カリウム血症と低カルシウム血症

 

後天性腎性尿崩症の原因は、慢性腎性疾患であり、そのひとつが低カリウム血症低カルシウム血症です。

それでは、なぜ低カリウム血症や低カルシウム血症になるのかご存知ですか?

 

低カリウム血症の原因

  • 拒食症
  • 多量飲酒
  • 長期間の偏食

 

低カルシウム血症

  • 甲状腺手術
  • 栄養不良
  • 腎臓の損傷

 低カリウム血症と低カルシウム血症は以下のような原因で発症します。

 

 

乱れた生活から腎性尿崩症に!

 

後天性腎性尿崩症は、慢性腎性疾患などでも合併症として現れますが、低カリウム血症や低カルシウム血症が原因でも多く発症されています。

 

低カリウム血症や低カルシウム血症に見られる原因のひとつに、長期間の偏食などによる栄養不良があります。

また、拒絶症や多量の飲酒なども、偏食や栄養不良などにつながるものですので、これらの食生活の乱れからも、後天性腎性尿崩症になると考えられます。

 

後天性腎性尿崩症は、ずっと体内の水分調整を行いながら生活しなければなりませんし、トイレの回数が多くなるのも生活に多少なりとも影響を与えてしまうものです。

また、脱水症状を引き起こしやすくなるなど命の危険性が出てくる場合があるので、身近な食生活や生活習慣を見直して、腎性尿崩症にならないように気をつけましょう

 

 

 

 

 

(Photo by: //www.pakutaso.com/201321photo114post-2664.html )

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

尿崩症に関する記事

のどが渇く、尿崩症

  のどが渇く、尿崩症     どんな病気なのか? 尿崩症とは、体内の...

多飲多尿に要注意!尿崩症

健康のために水分を沢山飲むのは、非常に大切です。みなさん、1日にどのくらいの...


のどが渇いてトイレの回数が多い、それは尿崩症かも?!

  のどが渇いてトイレの回数が多い、それは尿崩症かも?!   「最近異常に...

治療法が無い?先天性腎性尿崩症

治療法が無い?先天性腎性尿崩症  先天性腎性尿崩症とは? 先天性腎性尿崩症とは...

カラダノートひろば

尿崩症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る