カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. 尿崩症 >
  5. のどが渇いてトイレの回数が多い、それは尿崩症かも?!

気になる病気・症状

のどが渇いてトイレの回数が多い、それは尿崩症かも?!

 

のどが渇いてトイレの回数が多い、それは尿崩症かも?!

 

「最近異常にのどが渇いて、トイレの回数も多い」という人はいませんか?

その症状はもしかしたら尿崩症かもしれません。

・運動して汗をかいたわけでもないのに異常にのどが渇く。

・水分を補給すればのどの渇きも治まるがその分トイレの回数も多くなり尿量も増えた気がする。

そんな症状の繰り返しではないでしょうか?もしかしたら尿崩症かもしれませんよ。

 

 

尿崩症とは

尿崩症とは尿量が増え、体内の水分が減少するために、のどが渇くといった症状が現れるものです。

先天性腎性尿崩症遺伝性で男性のみに発症するという特徴がありますが、後天性腎性尿崩症は、慢性腎性疾患などが原因の合併症として発症します。

のどが渇くから水分を取り、そのために尿量が増えるのではなく、尿量が増えることによって体内の水分が減少し、その結果のどが渇くといった症状が現れるのです。

尿量が増える→のどが渇く→水分を沢山取る→尿量が増えるという症状が繰り返し行われます。

 

 

尿崩症の早期発見と早期対応

 

尿崩症には先天性と後天性がありますが、先天性の場合は生後すぐにその症状が現れます

後天性には中枢性尿崩症と腎性尿崩症があり、中枢性尿崩症であれば抗利尿ホルモン作用のあるデスモプレシンを点鼻することによって、尿量の増加やのどの渇きなどの症状は改善されます

しかし一生薬を投与し続けなければなりません

 

腎性尿崩症の場合は、尿量が減少することを抑えられないため、体内の水分が失われないよう、常に水分補給を心がけることしかできません

 

最近水分摂取量が増えた、特に冷水を好んで飲むようになった、運動もしていないのにのどが渇く、尿量と回数が増えたなどの症状が現れた場合は尿崩症を疑い、病院を受診するようにしましょう

尿量の増加でトイレの回数も多くなり、夜中寝ているときもトイレに何度も起きるようになるので、比較的症状発見は早いことが多いです。

 

ですが、高熱や嘔吐や下痢などのように日常生活に支障をきたす様な症状ではないため、その症状を放置してしまうこともあります。

 

尿崩症の怖いところは、尿量の増加による脱水症状です。水分が異常に失われていることに気がつかず、脱水症状を引き起こすと命の危険性も出てきますので、早期発見と早期対応、そして早期受診が大切です。

 

 

 

(Photo by://www.pakutaso.com/201250photo054post-1223.html )

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

尿崩症に関する記事

治療法が無い?先天性腎性尿崩症

治療法が無い?先天性腎性尿崩症  先天性腎性尿崩症とは? 先天性腎性尿崩症とは...

多飲多尿に要注意!尿崩症

健康のために水分を沢山飲むのは、非常に大切です。みなさん、1日にどのくらいの...


おしっこが止まらない!尿崩症!

ホルモンは身体の様々な機能のバランスを取っています。   尿量もバゾプレ...

低カリウム血症と低カルシウム血症で腎性尿崩症に?!

      腎性尿崩症 腎性尿崩症には、先天性腎性尿崩症と後天性腎性尿崩...

カラダノートひろば

尿崩症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る