カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 慢性腎臓病(CKD) >
  4. 食事療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 腎臓病の人におすすめ!低たんぱく食

生活習慣病

腎臓病の人におすすめ!低たんぱく食

 

腎臓病の人におすすめ!低たんぱく食

 

 

慢性腎不全など腎臓病の人は病院で低たんぱくの食事療法を勧められます

これは、たんぱく質が老廃物を作り、その老廃物を尿として排出する役割を果たしているのが腎臓だからです。

腎臓が慢性腎不全などで損傷を起こしていると、腎臓の機能がうまく働かなくなり、老廃物や毒素が体内に蓄積されてしまいます。

老廃物が体内に溜まってしまうと体は不調となり様々な症状として現れてきます。

 

そのため、腎臓の働きを和らげるために、腎臓病の人にはたんぱく質摂取を控える、低たんぱく食が勧められるのです。

 

 

たんぱく質を減らしてバランスのよい食事

たんぱく質というと、肉や魚、卵や牛乳をイメージする人が多いでしょう。

しかし以外にも主食となる米やパン、麺類などにもたんぱく質は多く含まれているのです。

食事療法としては、主食の量を少し減らしてみたり、主食中心の(おにぎりだけ、パスタだけ)といった偏った食事を止めるといった方法もあります。

 

しかしたんぱく質も大切な栄養源です。

極端に主食を減らしたりするのではかえって病状を悪化させかねません。

適度な量を守ってバランスのよい食事を心がけるようにしましょう。

 

また、低たんぱく特殊食品というものが存在しています。

それらをうまく活用することで、低たんぱくでも栄養のバランスの取れた食事にすることができます。

 

 

低タンパク食の効果

 

低たんぱくの食事にすることによって得られる効果は、痛んでしまった腎臓機能の障害進行を遅らせることができるということです。

腎臓障害が進行してしまうと透析導入を行わなければならなくなり、日常生活にも体にも大きな影響を与えるのでそれを防ぐことができます。

 

また、腎臓の機能が低下しているために起こる、体内への老廃物の蓄積を和らげることもできます。

これによってさらなる合併症を防ぐこともできます。

 

 

 

(Photo by ://www.pakutaso.com/201200photo121post-1431.html )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

食事制限について正しく知ろう

  腎臓病の食事療法は、食事制限という言葉をよく使われるほど、場合によっては非...

腎臓病を予防する日常生活

  腎臓病を予防するための日常生活のポイントをまとめます。   ●食事...


良質のタンパク質中心に!糖尿病合併症のある慢性腎臓病

    慢性腎臓病の原因の一つに、糖尿病があります。そのため、糖尿病を治療しつつ...

腎臓病で摂取制限すべきもの

  食事療法において制限されるものは多くあります。栄養素は目に見えないものです...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る