カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 全身 >
  4. 膠原病 >
  5. 膠原病って何?強皮症や関節リウマチ、SLEについて

気になる病気・症状

膠原病って何?強皮症や関節リウマチ、SLEについて

 

 膠原病とは1942年にポールクレンペラーによって命名された疾患群です。

発症の原因は良く分かっておらず、病態としては自己免疫疾患であり、リウマチ様症状を示し、病変部位は結合組織です。

 

 代表的な膠原病

全身性エリテマトーデス

関節リウマチ

強皮症(全身硬化症)

リウマチ熱

結節性多発性筋炎

多発性筋炎・皮膚炎

 

膠原病の初期症状

発熱関節痛(身体の節々が痛む)、レイノー症状(少し冷えただけで手が白くなる)、疲れやすくなる、といった症状が良く見られます。

が、膠原病の症状は様々で他の疾患とも間違われやすいので注意が必要です。

 

少しずつ悪くなる 

 膠原病は少しずつ症状が進行します。

筋力が落ちていても疲れやすくなったと感じたり、食欲低下によって体重が少しずつ減少するので見落とされがちです。

特に膠原病は女性が罹患する率が高く、家事や子育ての忙しさによる疲労、更年期障害などと考えて、我慢しているうちに病気が進行してしまった、というケースも珍しくありません。

 

皮膚や関節だけはない

膠原病は皮膚や関節だけなく、全身の臓器に症状が表れる事もあります。

その場合、病院での処置が必要で入院しなければならない場合もあります。

 

治療法は対症療法

膠原病がなぜ発症するのかはよく分かっていません。

なので治療法も対症療法にならざるを得ないために、治療が長期にわたると副作用が出る場合もあります。 例:副腎皮質ステロイド治療による色素沈着や骨粗しょう症

 

まとめ

膠原病は診断が難しく、見落とされる事も多い疾患群です。

専門医に詳しい検査と診察を行ってもらい、診断を受けるようにしましょう。 

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2007/09/25-003184.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

膠原病に関する記事

HDAC阻害剤(がん・自己免疫疾患)としての「酪酸」は、p53遺伝子へ悪影響を及ぼすか?

近年、HDAC阻害剤のひとつである酪酸が注目されています。酪酸は、「p5...

自宅でも血球数を自己測定できる!その必要な器具と手順について

シェーグレン症候群は、乾燥症状・慢性疲労・関節痛を中心とした自己免疫疾患です...


全身性の血管炎症性疾患「ウェゲナー肉芽腫」は早期治療が鍵

全身性の血管炎症性疾患「ウェゲナー肉芽腫」は早期治療が鍵 ウェゲナー肉芽腫とい...

全身性炎症性疾患の難病「ベーチェット病」を知る

    全身性炎症性疾患の難病「ベーチェット病」を知る   ベーチェット...

カラダノートひろば

膠原病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る