カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 社会不安障害 >
  4. 正しく知ろう!社会恐怖症とパニック障害にある意外な関係性とは

メンタル

正しく知ろう!社会恐怖症とパニック障害にある意外な関係性とは

 

 

恥ずかしい思いをすることを恐怖と感じている方は「社会恐怖症」という精神病の可能性があります。

社会恐怖症とは、パニック障害とは、そして双方の関係性とは何なのか紹介すると共に、その対処法も合わせて紹介していこうと思います。

 

社会恐怖症とは

社会恐怖症とは、恐怖対象となる社会、行為状況において「恥ずかしい思いをしたくない」という恐怖のことです。

例えば、人と話しをすると恥ずかしいと思うだけでなく恐怖と感じたり、自分が話す行為を他人に見られたり聞かれたりする事に恐怖や不安を抱いてしまうのです。

その恐怖対象において常に下記の様な症状が起こります。

・動悸

・発汗

・胃腸の不快感

・下痢

・紅潮

・声が震える

 

多くの方々はこの事を「あがり症」と認識していると思いますが、そうではありません。

心の深い部分に住みついた恐怖心がトラウマとなって社会恐怖症という精神病を患ってしまうのです。

 

パニック障害とは

激しい動悸や発汗、頻脈ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、酷いめまいなど突然起こる体の異常(パニック発作)に加え、自分は死んでしまうのではないかと強い不安感に襲われる精神疾患です。

 

社会恐怖症とパニック障害の関連性

社会恐怖症の方はが、大勢の人を前にスピーチをしなくてはならないとします。健康な方でも十分緊張する場面。

健康な方は緊張しながらもスピーチを無事完了させる事が出来るでしょう。

しかし、社会恐怖症の方は極度の緊張からパニック発作を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、社会恐怖症の患っている方は、パニック障害にもなりやすいと言う事なのです。

 

対処法

今まで自分を極度のあがり症だと思っていた方、上記症状ネックで仕事が上手くいかない、社会に出ることができないといった方は、まずは心のケアをしなくてはなりません。

何に対して恐怖を持ってしまったのか、過去にどんな出来事があったかなど詳しく分析し、心からトラウマを取り去らなくてはいけません。

 

社会恐怖症もパニック障害も必ず治る病気です。

一人で悩まずに、まずは家族や親しい友人などにトラウマを話してみてください

 

そして少しずつ場慣れをしていくようにしましょう。それでも症状が和らがない方はカウンセリングを受けることをお勧めします。

 

 

(photo by://pro.foto.ne.jp/free/product_info.php/cPath/21_28_69/products_id/249) 

著者: akiakiさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

社会不安障害に関する記事

あなたの理解が周りを救う!社会不安障害とはどういうもの?

  「あがり症」や「引っ込み思案」……これまで単なる性格と考えられていたこ...

子どもと社会不安障害

  子どもにとっても社会不安障害は例外ではありません。   成人未満の年齢...


理解を深めよう、強迫神経症の周囲への影響

  強迫神経症は強迫観念、つまり不安を感じることが主な症状であり、健康的な面で...

不安障害の基礎知識 原因・症状・治療法

不安感が症状となる神経症のことを、不安神経症といいます。誰でも経験したことの...

カラダノートひろば

社会不安障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る