カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 種類 >
  5. 季節性うつ >
  6. 日照時間に関係が!? 冬季うつの原因

メンタル

日照時間に関係が!? 冬季うつの原因

  

 

最近出来たばかりの病名が「冬季うつ病」です。

冬の期間だけうつ病になり、それ以外の季節は何ともないのが特徴なのです。

 

一般的なうつ病は季節は関係ありません。精神的ストレスが原因で発症する事が多く、春夏秋冬いつでも起こるものです。

ところが、季節性うつ病(冬季うつ病)は寒い冬の間だけ症状がでて、毎年毎年繰り返すというものです。

同じうつ症状があっても冬季うつ病は『うつ病』とは異なるものです。

 

冬季うつ病の症状

一般的に10~11月頃に憂鬱な気分が始まります。そして2~3月頃には治まるのです。

主な症状としては以下になります。

・朝起きることができない&起き上がって動くことができない

・無気力

・朝や昼間は何もする気が起きないのに、夜は活動的になる

・過食症状

・たっぷり睡眠をとっても異常に眠い

 

冬季うつ病の原因

冬季うつの原因は普通のうつ病とは違い精神的ストレスではありません。

冬季うつ病の原因は日照時間が関係していると言われています。

冬の日照時間が短い上に、最近では晴れた日が少なくなってしまった事も原因ではないかと思います。

太陽の光を浴びることで、脳内伝達物質である「セロトニン」を多く分泌しますが、曇っていたり、日照時間が短い事によりセロトニンの分泌が正常に行われず、冬季うつ病になってしまうのでしょう。

 

冬季うつ病の治療と対処法

1、太陽の光を浴びる

日照時間が短いながらも、外にでて日の光を浴びることが大切です。

それでもダメな場合は、専門の病院で『高照度光療法』という治療を受けましょう。

 

2、セロトニンを増やす食べ物を食べる

・チョコレート

・ココア

・乳製品(牛乳やヨーグルト)

・大豆食品(豆腐や納豆など)

・ごま

・卵

・バナナ

 

冬季うつにならない為には、寒くても外に出て行動をするのが一番です。

寒さに負けて室内に籠るなんてことはせず、自分で意識して太陽の光を浴びるようにしましょう!

 

 

 

 

(photo by://www.ashinari.com/2013/03/14-377244.php?category=265)

 

 

著者: akiakiさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

季節性うつに関する記事

日中が何だか眠たい…秋に○○な過眠症状がでたら「季節性うつ」の症状かもしれません

睡眠障害というと、「眠れない」というイメージがあるかもしれません。 ですが秋は...

秋に入って気分が落ち込んでいませんか?こんな○○な症状は季節性うつの兆候かも!?

秋はどんな季節でしょうか。気候としては日本の中では、比較的過ごしやすい、穏やか...


季節によって眠りやすさは全然違う!過ごしやすい秋…実は過眠になりやすい季節だった!?

季節ごとに睡眠の量や質、眠りやすさには少しずつ違いがあると言われています。 例...

冬季うつ病~特徴と診断と原因対策~

  冬季うつ病はどのような特徴があり、どんな症状があれば診断されるのでしょ...

カラダノートひろば

季節性うつの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る