カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯列矯正 >
  5. 【 目指せ横顔美人! 】矯正で変えられるEライン?!

気になる病気・症状

【 目指せ横顔美人! 】矯正で変えられるEライン?!

 

 

 (Photo by: [//jp.freepik.com/free-photo/smiling-series_570884.htm])

 

矯正をする理由はさまざまです。


歯並びを良くする・顎と歯のバランスが良くないため本数を調節するなどその人によって色々あります。

 

その中で、女性に多いのが歯が前突しているために横顔がコンプレックスという理由です。


横顔は頬骨の高さなど骨格でほぼ決まってしまいますが、口元だけは歯並びでかなり改善することができます。
特に上顎前突といういわゆる出っ歯状態の方は矯正治療でより強い効果を得られます。

 

 

 

【 理想の横顔 】

 

では理想とされる横顔はどんな感じか考えてみましょう。

 

横顔の美しいラインのことを「Eライン」と呼びます。
これは横から見たときに鼻とアゴの2点を結んだ線よりも内側に唇がある状態です。

テレビなどで女優さんや俳優さんを見ていると、この「Eライン」当てはまる人が多いです。

 

しかし残念ながら多くの日本人は口元がEラインより出ていて緩んでいるのが特徴です。

 

 

【 口元を低くするには? 】


一概には言えませんが、抜歯が必要になるケースもあります。
前突した口元や前歯を後退させるには、小臼歯などを抜いて前歯を後ろにずらすという作業がイメージしやすいですよね。

 

患者さんによって程度がさまざまなので使用する装置もそれに合わせて使い分けるのですが、症状がひどい方の多くにはブラケットという装置をつけてワイヤーで引っ張る方法がとられます。
以下は装置の種類です。

 

メタルブラケット

 

クリア(セラミック)ブラケット

 (photo by //www.kyousei-shika.net/kyousei_html/illust/index2_souchi.htm)

 

どちらを選ぶかは見た目の問題で判断していただいていいのですが、症状の程度によりクリア(セラミック)ブラケットは多くの場合メタルブラケットより治療期間が長引くことが多いです。


リンガルブラケットという歯列の内側(舌側)に装置をつける方法もありますが、それはクリア(セラミック)ブラケットよりも治療期間が長引くことが多いと言われています。

 

 


得られる効果はやはり患者さんの状態によって差が出てくるので、やってから後悔なんて事にならないように事前によく歯科医の先生とご相談してくださいね。

著者: さだはるさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯列矯正に関する記事

歯科矯正を始める前に知っておきたい治療のプロセス

  歯科矯正は歯を動かす大きな作業のため、不安はつきもの。では、歯科矯正と...

話題の「マウスピース矯正」、メリットとデメリットは?

  目立たない、痛くない矯正として話題の「マウスピース矯正」。これってどん...


【 矯正後の後戻り 】リテイナーはいつまでやるの?!

    歯の並びをよくするために「矯正」をすると、その後には必ず「保...

気を付けて!大人の歯の矯正のメリットデメリット

歯の矯正を行うのは子どもばかりとは限りません。一般的には7-9歳くらいの永久...

カラダノートひろば

歯列矯正の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る