カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯肉炎 >
  5. ◆心臓病の意外な原因?!歯周病◆

気になる病気・症状

◆心臓病の意外な原因?!歯周病◆

 

 

世間ではあまり知られていない事も多いこのお話。
ざっくり言うと「歯みがきをきちんとやらないと心臓病になるかもしれない」という内容です。

 

【 歯肉炎とは 】


「歯と歯の間」「歯と歯ぐきの間」がきれいに磨けてない事が大きな原因とされ、歯ぐきが赤く腫れあがり、ちょっとした刺激ですぐ出血してしまうような状態の事です。


そしてその歯肉炎が悪化すると歯ぐきだけでなく歯を支えているアゴの骨が溶けだし、これを「歯周炎」と呼びます


初期の歯肉炎は軽く腫れて歯みがきの時に少し痛みを伴いながらやや出血する程度ですが、ひどくなると歯みがきはおろか食事すらも苦痛になるほどの痛みを感じることになります。


そしてこれらの症状はすべて「歯周病菌」の増殖によって引き起こされているのです。

 


【 なぜ心臓病に? 】


歯周病からなる可能性が高いとされる心臓病は主に抜歯などの出血を伴う歯科治療が行われた際に歯周病菌が血液中に入り込み、血管で炎症を起こして動脈硬化となったり心臓の内側の膜で炎症を起こして機能を低下させたりすると考えられていました。

 

 


【 歯周病=心臓病に待った! 】

 

しかし2012年にある団体が異論を唱えだしました。
過去500件の論文を評価しなおしたのです。


その結果”歯周病を患っている事から引き起こされる心臓病”と断言できる症例も因果関係も認められなかったと言うのです。


医療に携わる人間の中では常識とされていたぐらいなので反発も大きいですが、一部の論文では「歯周病が心臓病の直接的な原因だ」と断定するような物があり、これによって混乱が起きたとされています。

 

 

【 やっぱり怖い歯肉炎 】

 

しかしいくら心臓病に関係がなさそうだと言っても歯肉炎は歯肉炎です。

 

最悪歯を抜かなくてはいけないこともあるのです。

そうなっては美味しいごはんも食べずらくなってしまいます。

それだけで元気がなくなったり体調が悪くなってしまったりするのです。

 

そうならないためには!!

 

・ 食後はすみやかに口をゆすぐか歯を磨く

食後はしばらくすると口の中が酸性になっています。

その酸で歯の表面が柔らかくなってしまうのです。

酸性にしないために食後は5分以内に対処した方がよいと言われています。

 

・ 飲食をだらだら続けない

ジュースをちょこちょこ飲んだり間食を続けたりすると、せっかく時間が経つにつれ中和されてきた口の中をまた酸性にしてしまう事になるのです。

 

・ 歯磨きの時は力を入れすぎない

力を入れすぎてしまうと歯の表面を削ってしまうことになります。

これは磨きやすいところほど注意が必要です。

 

 


まだまだはっきりとどちらだと言えるようになるには時間がかかりそうですが、どちらにしても歯肉炎などにならないようにしっかりとケアをしておくことが大切ですね。

 

 

 

(Photo by: [//jp.freepik.com/free-photo/dentist-tools_31502.htm])

著者: さだはるさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯肉炎に関する記事

歯茎に膿がたまったときの治療法と時間・料金

歯茎に膿が溜まったときには自分で出すことはお勧めしません。自分で膿を出そうと...

歯周病以外にもある!歯茎が痩せる原因とは

  歯茎が痩せてきたなと思ったらまず疑いたいのが歯周病です。歯周病が進行し...


痛みはなくてもケアが必要?ー歯肉炎のナゾー

 歯肉炎?歯周病?なんだか知識が曖昧じゃありませんか?ここでは歯肉炎とはどんなも...

◆それは歯周病ぐらいひどい歯肉炎かもしれません◆

    ちょっと歯ぐきが腫れてるだけだし…と油断してはいけません!歯...

カラダノートひろば

歯肉炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る