カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 出血 >
  5. 女性特有?妊娠中の歯肉炎…なぜ歯肉炎になるの?○○で予防しよう!

妊娠・出産

女性特有?妊娠中の歯肉炎…なぜ歯肉炎になるの?○○で予防しよう!

 

妊娠中のほとんどの方が歯肉炎になることをご存知ですか?

歯ぐきが腫れていて、歯みがきすると痛いし、血がでてくる…これってもしかしてむし歯?と思って歯医者さんに見てもらうと歯肉炎だと言われたことはありませんか?もしくは、現在こんな症状が出ている方は必見です。

 

ここでは妊娠中に歯肉炎になりやすくなるメカニズムと、それによって考えられる危険な可能性のお話をしていきます。

 

■なぜ妊娠中に歯肉炎になりやすいのか

大きく関係してくるのが女性ホルモンです。

妊娠中に胎盤で作られるある女性ホルモンは歯と歯ぐきの間から口の中に出てきます。

実は歯周病菌はこの女性ホルモンが大好物で、両者が合わさると歯周病菌が爆発的に増殖するんです。

 

そして妊娠中は多くの方がつわりに悩まされて、きちんとしたオーラルケアができない場合もあり、歯周病になりやすくなってしまいます。

 

■予防が大事

まず、妊娠してから歯周病がひどくなる人のほとんどが元々歯肉炎などの歯周病になっています。

 

そして妊娠中は歯周病菌のエサとなる女性ホルモンが常時出ているため、歯肉炎などになりやすく治りにくい状態なのです。

そこで大事なのが歯肉炎の予防です。

 

一番はやはりしっかりと歯垢を除去すること。「歯と歯の間」や「歯と歯ぐきの間」を意識しながら歯みがきをしたり、たまには染め出しを使って磨き具合をチェックするのもいい方法です。

 

もし歯肉炎になってしまった場合は歯石を取ることもあります。この作業は自分でやるのはオススメできません。無理に取ろうとすれば、歯ぐきを傷つけてしまう可能性もあるので必ず歯医者さんでやってもらうようにしてください。

 

■早産の危険性も…

そしてこの話には様々な意見がありますが、歯周病が早産や未熟児を誘発する原因になりうるという説もあります。

 

これは歯周病菌が増えることで免疫のバランスが崩れ、その結果臨月に分泌されるホルモンと同じものが放出されてしまい体が勘違いをして早産および未熟児につながるということです。

 

お子さんやお子さんの歯も守ってあげたいですよね。まずはママのケアからしっかりとしていきましょう。

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/201311photo036post-2400.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

出血に関する記事

鼻血が出る…これも妊娠症状?胎児への影響は?原因と対策、注意したい妊婦の鼻血って?

妊娠してから「鼻血が出やすくなった」と感じる妊婦さんは意外と多くいます。 ...

妊娠中の出血!セックスをしたら出血が…これって大丈夫な出血?心配な出血?

妊娠中でも、二人にとってセックスはとても大切な行為。ですが、もしセックスの後...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

出血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る