カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 出血 >
  5. 妊娠中になぜ歯肉炎になるの?妊婦さんが知っておきたい予防法とは?

妊娠・出産

妊娠中になぜ歯肉炎になるの?妊婦さんが知っておきたい予防法とは?

妊娠中のほとんどの方が歯肉炎になることをご存知ですか?

歯ぐきが腫れていて、歯みがきすると痛いし、血がでてくる…これってもしかしてむし歯?と思って、歯医者さんに見てもらうと歯肉炎だと診断されることがあります。もし現在このような症状が出ている方は、必見です!

 

ここでは妊娠中に歯肉炎になりやすくなるメカニズムと、歯肉炎によって考えられるママ・赤ちゃんへの危険性についてご紹介します。

 

なぜ妊娠中に歯肉炎になりやすいのか

歯肉炎に大きく関係してくるのが女性ホルモン。

妊娠中に胎盤で作られる女性ホルモンは、歯と歯ぐきの間から口の中に出てきます。実は歯周病菌は、この女性ホルモンが大好物!両者が合わさると歯周病菌が爆発的に増殖するのです。

 

そして妊娠中は多くの方がつわりに悩まされて、きちんとしたオーラルケアができない場合があります。口の中が不衛生になれば、歯周病菌が増殖します。悪阻が引き金になり、歯周病になりやすい環境が整ってしますのです。

 

【体験談Pick Up】妊娠中のお口のトラブル

投稿者:ぺちさん

もともと歯医者が苦手なうえに虫歯ができやすい体質だったわたし。 普段歯磨きは結構念入りやる方だったのですが、すべての始まりはつわり真っ最中のころ。 わたしは食べづわりと吐きづわり、両方きつかったので、頻繁に食べ物を口にしていたので汚れはたまっていくのに、歯ブラシを口に入れるのが気持ち悪いので十分な歯磨きができませんでした。

安定期に入ってからつわりが治まってきたので歯医者に行くとなんとびっくり。 虫歯が6か所(笑)さらに妊娠性歯肉炎になっていたこともわかりました。 痛みはなかったのですが、辛かったのが出血と口臭・・・。出産したばかりの今も続いています。 やはり大事なのは予防だそうで、普段の歯磨きプラス歯間ブラシで歯垢をためないことが重要なんだとか。(一部抜粋)

 

歯肉炎にならないために予防することが大切

まず、妊娠してから歯周病がひどくなる人のほとんどが、元々歯肉炎などの歯周病になっています。

 

そして妊娠中は、歯周病菌のエサとなる女性ホルモンが常時分泌されています。そのため、歯肉炎などになりやすく、治りにくい状態になっているのです。そこで大事なのが歯肉炎の予防!

 

歯周病予防のための歯みがきのポイント

一番はやはりしっかりと歯垢を除去すること。「歯と歯の間」や「歯と歯ぐきの間」を意識しながら歯みがきをしましょう。「歯と歯の間」は歯間ブラシや糸を使うときれいに歯垢を除去することができます。

「歯と歯ぐきの間」は、歯ブラシを使ったブラッシングが効果的。歯ブラシで磨くときのポイントは、1ヵ所約30回の小刻みなブラッシング。15分~20分ほどかけて、1本1本丁寧にブラッシングしていきましょう。

歯をみがくタイミングとしておすすめなのは、毎食後。もし食後が無理でも1日1回は、15分程度の時間をとって、しっかり磨いていくようにしましょう。お風呂に入りながら、テレビや雑誌を見ながらなど、ぼけーっとできる時間に合わせて歯をみがくと無理なく続けられますよ。

妊娠中は定期的に歯科検診へGO!

歯科検診では、普段の磨き方が正しいのか、磨きのチェックをしてくれます。病院によっては、磨き方を教えてくれることもあるので、今の内から正しいオーラルケア法を身に着けておきましょう。

 

もし歯肉炎になってしまった場合は、歯石を取ることもあります。ただしあまり自分でやるのはオススメできません。

無理に取ろうとすれば、歯ぐきを傷つけてしまう可能性もあります。そのため、必ず歯医者さんでやってもらうようにしましょう。

その際には、必ず「妊娠している」ことを告げるようにしてください。検診の中には、レントゲンや麻酔など赤ちゃんへリスクになる処置もあります。妊娠の時期によって、対応できるものもあるので、お医者さんとしっかり相談をするようにしてくださいね。

早産の危険性も…

また歯周病は、早産や未熟児を誘発する原因になりうるという説もあります。

この話には様々な意見がありますが、危険が潜んでいる可能性があると聞くと怖いですよね。ではなぜ歯周病が、早産・未熟児の誘発につながるのでしょうか。

歯周病菌がホルモンに作用

それは、歯周病菌が増えることで免疫のバランスが崩れてしまい、臨月に分泌される同じホルモンが分泌されてれしまうことに原因があるようです。その結果、体が臨月の状態と勘違いをして、早産および未熟児につながるということです。

早産は、妊娠37週未満の出産、未熟児は2500g以下の体重で赤ちゃんが産まれてしまうこと。ママにも赤ちゃんにもリスクが高く、命の危険性も高まります。そのリスクは、歯周病でない人の7.5倍という説もあり、早期発見・早期治療が不可欠なのです。

 

オーラルケアは妊娠初期からはじめよう

歯医者さんの施術は、仰向けで行うことが多く、大きくなったお腹には負担になることがあります。また出産後は、子育てで忙しくつい自分のことは後回しになりがち…

悪阻が落ち着いているようであれば、妊娠初期の段階から早めにオーラルケアをすることで、最悪な事態を防ぐことができます。

悪阻がひどい方も大丈夫!安定期に入ったら、歯医者さんに行きケアをママと赤ちゃんの安全を守ってくれます。

新しい家族を迎えての新生活、幸せな毎日を送るためにもまずはママのケアからしっかりとしていきましょう。

 

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-11掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

出血に関する記事

鼻血が出る…これも妊娠症状?胎児への影響は?原因と対策、注意したい妊婦の鼻血って?

妊娠してから「鼻血が出やすくなった」と感じる妊婦さんは意外と多くいます。たかが鼻...

妊娠中の出血!セックスをしたら出血が…これって大丈夫な出血?心配な出血?

妊娠中でも、二人にとってセックスはとても大切な行為。ですが、もしセックスの後...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

出血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る