カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯肉炎 >
  5. ◆どっちがひどいの?歯肉炎と歯周炎◆

気になる病気・症状

◆どっちがひどいの?歯肉炎と歯周炎◆

 

歯を磨いていたら歯ブラシに血が付いていた!

なんて経験ありませんか?


あなたが信じられないほどの力で歯を磨いていないのであればそれはおそらく歯肉炎です


しかしよく似た病名で歯周炎というものがあります。
どちらもよく耳にする言葉ですが、違いがちゃんとあります。

 

【 歯肉炎の症状 】

 

・ 歯肉から血が出る
  歯みがきをするだけで出血してしまう
・ 歯肉の縁が腫れる
  歯と歯の間の歯肉がとがっていなくぷにぷにしている
・ 歯肉の縁が赤くなる
  歯肉の輪郭を縁どるラインのように赤くなる
・ 歯の表面や根元に歯垢がたまる
  白いモヤモヤしたものがたまっている

これらの症状が出ていて尚且つ炎症が「歯肉のみ」でとどまっている状態のものが歯肉炎です。

 

 


【 歯周炎の症状 】

 

症状は歯肉炎とほぼ同じですが、歯肉炎が進行し歯ぐきの状態ももっと悪くなって骨が溶けだしたらそこから歯周炎です

歯ぐきが下がり、歯の根元がむき出しになってきたらあごの骨にまでも被害が広がっていきます。


その結果として歯を支えるものがなくなり、健康であったはずの歯が抜け落ちていくわけです。

 

 

【 改善策 】


それは”きちんとした歯みがき”これにつきます。


歯みがきが不十分で口の中の細菌が増えてしまうことで起こる歯肉炎は幼児からなりうる病気ですが、初期段階で気づき正しい歯みがきに切り替えられればほとんどが改善できます。


まずは出血や痛みを怖がらずにやわらかい歯ブラシで細かくみがく事。
けしてゴシゴシ強くみがいてはいけませんよ。


治るうちに治す!これが最良策です。

 

 

 

(Photo by: [//jp.freepik.com/free-photo/smile_626089.htm])

著者: さだはるさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯肉炎に関する記事

痛みはなくてもケアが必要?ー歯肉炎のナゾー

 歯肉炎?歯周病?なんだか知識が曖昧じゃありませんか?ここでは歯肉炎とはどんなも...

歯茎に膿がたまったときの治療法と時間・料金

歯茎に膿が溜まったときには自分で出すことはお勧めしません。自分で膿を出そうと...


軽い歯肉炎なら自宅で治せる!!そのためには正しい歯磨きが超重要!

  歯肉炎という言葉だけなら、大層な病気のように聞こえますが、軽い歯肉炎であれ...

歯肉炎改善のための「歯磨き」!それにプラスして効果が大きくなる「歯茎マッサージ」がおすすめ!

  歯肉炎にならないようにするには、何をすればよいのでしょうか?通常の歯磨きで...

カラダノートひろば

歯肉炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る