カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

インスリノーマ(膵島腺腫)について

 

 

 インスリノーマ(膵島腫瘍)とは、膵臓に腫瘍が出来てインスリンが過剰に出てしまい低血糖になってしまう病気です。

 

膵臓の働き

膵臓からは外分泌腺と内分泌腺とが出ています。

 

外分泌腺からは膵液が出ています。膵液はアルカリ性で、胃の下の十二指腸に放出されて胃酸を中和します。また、糖・タンパク質・脂質を分解する酵素を含んでいます。

 

内分泌腺からはインスリン・グルカゴン・ソマトスタチンというホルモンが出ています。

 

インスリノーマ(膵島腫瘍)ができると

膵臓にインスリノーマが出来ると、内分泌腺から分泌されるインスリンが過剰に産生されてしまいます。

インスリンは血中の糖分濃度を下げる働きがあります。本来なら血糖濃度はバランスが取れているのですが、インスリノーマによって調節が効かずにインスリンが過剰分泌することによって低血糖状態に陥ります。

インスリノーマはほとんどが良性腫瘍ですが、まれに悪性腫瘍であることもあります。

 

症状

自律神経が低血糖に反応した症状と、脳への糖の供給不足による症状が表れます。 

初期症状としては激しい空腹感動悸、疲れやすい、集中力が落ちる、といった症状が現れます。

悪化すると錯乱痙攣、ふるえ、昏睡といった症状を引き起こし死に至る事もあります。

 

治療法

膵臓のどこに腫瘍ができているのかを検査して、手術によって切除します。数%の患者は再発します。

 

 また、手術を行うまでは低血糖に対しての対症療法を行います。方法としては、ジュースやお菓子を食べることによってブドウ糖を補給します。

 グルカゴンという血糖を上げるホルモンの薬が投与される事もあります。

 

 

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/04/13-377659.php?category=5)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

インスリノーマに関する記事

間食が止められない!その理由はインスリノーマかも?!

     インスリノーマとは、膵臓に腫瘍(多くが良性)が出来てインスリンが過...

その症状インスリノーマかも?

    インスリノーマとは、膵臓に腫瘍ができてインスリンが過剰に分泌される病...


低血糖になる原因*注意したいのは「インスリノーマ」の可能性

    低血糖とは、血中のブドウ糖濃度が下がってしまうことです。 それによって交...

インスリノーマの手術が出来ない時に飲む薬

    手術の難しいような患者にインスリノーマが見つかった時、どのような治療...

カラダノートひろば

インスリノーマの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る