カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. メラニンを抑制*美白サプリの副作用には要注意!シミが濃くなるのは美白の証拠?

美容・ダイエット

メラニンを抑制*美白サプリの副作用には要注意!シミが濃くなるのは美白の証拠?

美白サプリとは肌の美白効果のある成分を有したサプリメントです。

美白と一言で言ってもサプリメントの中に入っている成分は実に多様です。

代表的な成分と起こりやすい副作用についてまとめてみました。

 

メラニンの生成を抑制する成分

メラニンとは色素のことです。黒人や白人など人種によってこのメラニンの量が違ったり、日にあたることによってメラニンが生成されて人の肌は黒くなります。

このメラニンの生成を抑えれば当然肌は黒くならず、白いままでいられます。

 

メラニンの生成を抑制する成分の代表的なものというと、L-システインやNアセチルステインなどが挙がります。美白サプリメントにはよく見かける成分です。

 

副作用その1 白髪

美白という良いイメージでメラニンの抑制が使われるのは肌の話です。なにも体の中の肌だけにメラニンがあるわけではありませんよね。

メラニンは髪にだってあります。この髪のメラニンの生成が抑えられてしまうということは、つまり、白髪が増えてしまうということです。

考えてみれば当然です。サプリメントに入っている成分が肌だけを集中攻撃してくれるわけではありませんからね。

 

副作用その2 紫外線に弱くなる

メラニンの本来の働きは紫外線から体を守ることです。肌に入ってきた紫外線をメラニンが吸収し、紫外線によって炎症が起こることを防止してくれます。その代わりにメラニン自身が変色してしまうのです。

サプリメントに入っている成分はメラニンそのものを抑えてしまうため、長期間にわたってサプリメントを摂取し続けている場合などは紫外線に弱い体になってしまうことがあります。

 

上記の副作用はどちらも長期間サプリメントを服用した場合ですが、実際売られているサプリメントにはいいことしか書いてありません。

自分の体内に摂取するものですから、副作用などは自分でしっかりと調べ、自分の体に合うかどうかを自覚した上で服用してください。

 

シミが濃くなるのは美白の証拠?

化粧品などに美白効果などと書いてあると、肌がどんどん白くなっていくことを想像し、期待すると思います。しかし、いざそういった化粧品を使ってみると、「あんまり効果を感じられない」と思う人が半数以上です。むしろ「シミが濃くなっているのではないか?」と感じて、使用をやめてしまう人もたくさんいます。

しかし、「美白効果」というのは「シミがなくなる」こととは区別して考えられている場合が多く、その考えがうまく伝わっていないのが現状かと思います。

シミというのはメラニンが異常に生成されてしまっているので、他の肌の状況とは全く違います。むしろシミの部分だけを残して他の肌が白くなっていくことが多いので、感覚的には「シミが濃くなった」と感じがちなのです。

 

そして、白くなったかどうかというのは本人には非常に分かりづらいものです。毎日鏡を見ているから毎日の変化は分かるんだと考える人もいますが、毎日見ている肌だからこそ、少しずつ変化する肌に気づけないのです。

 

ではシミが消えることと美白は全く別の対処をしなくてはいけないのかと言うとそうでもありません。もちろんシミの部分だけに特別に対処をするのはよいです。ただ、肌全体的な美白を続けていてもシミへの美白効果はしっかりと届いています。

 

シミ以外の肌に効果が出やすいために、シミだけが目立ってしまうのであって、決して効果がないわけではありません。

 

もし、「シミが濃くなってきた!この化粧品は不良品だ!」と思って使わなくなった化粧品があれば、もう一度試してみてはいかがでしょうか?

 

キュウリパックは美白に効果があるのか?

キュウリパックを知っているでしょうか。一時期流行したこともあるキュウリパックは美白に効果のある方法として話題になりました。しかし、このキュウリパックは効果の実証できないものとして流行の勢いはいつしか消え、下火になっていった方法のようです。

 

ではこのキュウリパックは何が効果的とされていたのか、逆に何が否定されたのか見てみましょう。

 

キュウリパックとは?

キュウリパックとは、野菜のキュウリをごく薄い薄切りにして顔に直接並べて行います。特にキュウリをすり潰したり、何かほかのものが必要なわけではなく、キュウリのみで手軽に行えるパックです。

 

キュウリパックの効果

夏野菜の代表ともいえるキュウリは、その約95%が水分でできています。そのため単純にキュウリを顔にのせるだけでも、ひやりとして気持ちいいのですが、それ以上にキュウリの成分が美肌に効果があると言われています。キュウリはビタミンCやカリウム、カロテンなどの栄養素を含んでいます。この中でも特にビタミンCがメラニン色素の沈着に効果があると言われ、このことから美白効果があるとされています。

 

キュウリパック効果の否定

ここまでで「おや?」と感じた部分はあるでしょうか。

キュウリパックの効果を否定する立場の意見では、ビタミンCの摂取の仕方に問題があるとしています。そもそもビタミンCは肌から摂取できるものではなく、食べ物として口から摂取するのであればまだしも、肌に乗せただけでビタミンCの美白効果を肌が得られるということはない、とするのがキュウリパック否定の立場の意見です。 

 

食物からのビタミンC摂取で美白効果を得ようとした場合は、もしかしたら、本来そうするべき形で、口から摂取した方が賢明かもしれません。キュウリパックを否定する人の中にはそれをすることで美白効果とは真逆の効果が出てしまう可能性を指摘する人もいます。

キュウリパックを行う際は、正しい知識の下、正しい方法、正しい判断で行うように心がけてください。 

 

パセリは残さず食べましょう!パセリは抗酸化作用の高いポリフェノールが豊富!

最近ポリフェノールの健康効果が注目されています。ポリフェノールの健康効果の中でも有名なものとして活性酸素の消去があります。この活性酸素の消去は動脈硬化を防いだり、肌をきれいにしたり、体内の老化を防いだりと体に嬉しい効果が多くあります。また、パセリは付け合せや彩りとして多くの種類の料理に使用できます。今回はパセリに含まれているポリフェノールについて紹介します。

 

ポリフェノールとは?

ポリフェノールは多くの植物が持っており、化学構造においては1分子につき2個以上のヒドロキシ基を持つと物質と定義されています。植物の中では植物細胞の生成や活性化などを助ける作用を持ちます。ポリフェノールにはフラボノイド系、フェノール酸系といった分類があります。ポリフェノールの多くには抗酸化作用が認められており、動脈硬化の予防や美肌効果、老化防止効果などが認められています。

 

パセリに含まれているポリフェノール

パセリに含まれているポリフェノールとしてはアピゲニン、アピイン、ルテオリン、βカロテン、ゼアキサンチン、ルテインなどがあげられます。アピゲニンには抗酸化作用、高血圧抑制作用、精神的不安を緩和させる、食欲増進作用などの効果があります。アピインには神経系に作用してイライラをとめたり、頭痛を改善するなどの効果があります。ルテオリンには抗酸化作用、抗ガン作用、抗アレルギー作用、坑炎症・高血圧を抑制する作用、肝臓の解毒作用を促進させる効果があります。βカロテンには強い抗酸化作用をもち、さらに夜盲症など目の病気を防ぐ効果があると言われています。ゼアキサンチンには強力な抗酸化作用を目の水晶体や黄斑部において発揮する、目の中で有害な光を吸収するなどの働きをもちます。ルテインも強力な抗酸化作用を目の水晶体や黄斑部において発揮する、目の中で有害な光を吸収するなどの働きをもちます。

 

このようにパセリには多くのポリフェノールが含まれています。パセリを積極的に料理に使ってみてはいかがでしょうか?

 

(Photo by: [http://free-photo.gatag.net/2011/10/05/090000.html])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-11掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

美肌・スキンケアに関する記事

毛穴を引き締める食事、小さくするケアとは?撃退!ワキの黒ずみ!夏に毛穴が目立つ理由は?

毛穴はスキンケアだけでなく、食事でも効果があることを知っていますか?  ...

にきびを癖で潰してしまう!ニキビのある人がやってはいけないこと...皮膚科で行うニキビ治療とは

ニキビのケアで「潰す」ということはご法度!そう思っている人は非常に多いはず...


膝・肘・かかと・くるぶしが黒く硬くなるのはなぜ?~膝・肘・かかとをきれいにするには?~

膝・肘・かかと・くるぶしは、スキンケアを心がけていてもカサカサになったり、硬...

なんでもない皮膚がかゆい・・・皮膚掻痒症かもしれません!知覚過敏肌とは?敏感肌は保湿が重要

  皮膚に発疹ができているわけでもないのに、かゆみだけが起こる症状は、冬場...

カラダノートひろば

美肌・スキンケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る