カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 膵臓がん >
  4. 治療 >
  5. 膵臓全摘出後の食事法

ガン・悪性腫瘍

膵臓全摘出後の食事法

 

 膵臓には二つの働きがあります。

 

一つは、膵液という糖・たんぱく質・脂質を分解する酵素が含まれた消化液を分泌すること。

 

もう一つは、インスリン・グルカゴン・ソマトスタチンという血糖をコントロールするホルモンを分泌することです。

中でも血糖を下げるホルモンはインスリンしかありません。

 

膵臓を摘出するとこれらの機能が失われてしまうために食生活に気をつけなければいけません。

 

食事の注意点

○しっかり噛んで、ゆっくりと時間をかけて食べましょう

唾液からも消化酵素が出ています。また、大きな塊や固いものは腹痛や下痢の原因にもなります。

ゆっくりと食べることによって血糖の急激な上昇を抑える事もできます。

 

○少しずつ回数を増やしてコマめに食べましょう

沢山食べてしまうと消化管に負担がかかってしまいます。

 

○消化の良いものを食べましょう

脂っこいものは出来るだけ控えましょう。調理法も、揚げるよりも蒸したり茹でた方がいいでしょう。

 

刺激物やアルコールは控えましょう

刺激の強い香辛料やアルコールは出来るだけ控えた方がいいでしょう。

 

○白いものは控えましょう

白米、小麦粉、精白糖といった白い炭水化物食品は血糖を急激に上昇させます。

米なら玄米、小麦粉は全粒粉、砂糖なら精白されていない砂糖をお勧めします。

 

まとめ

 膵臓は食事と切っても切り離せない働きを持った臓器です。手術で摘出した後は、食生活には十分な注意を払いましょう。

 

  

 

(Photo by://pixabay.com/ja/%E7%AB%B9-%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B9-%E5%A3%81-%E6%A4%8D%E7%89%A9-%E7%99%BB%E3%82%8B-%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2-68138/)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

膵臓切除後の流れ

   膵臓がんなどで膵臓を切除した場合、その後の流れはどうなるのでしょうか...

もしも膵臓がんにかかったら 有効な治療法とはどんなもの?

    ■膵臓癌に限らず、癌という病気には不治の病というイメージがつきまとい...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る