カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 子宮 >
  5. 子宮筋腫 >
  6. もしかして子宮筋腫かも・・・と思ったら!子宮筋腫のセルフチェック項目と検査方法

女性のカラダの悩み

もしかして子宮筋腫かも・・・と思ったら!子宮筋腫のセルフチェック項目と検査方法

sikyuukinnsyucheck.jpg

月経痛や貧血、性交痛はありますか。もしかしたら子宮筋腫の症状かも知れません。子宮筋腫チェックをしてみましょう。

 

子宮筋腫の多岐にわたる症状

子宮筋腫の症状としては、過多月経、月経痛、貧血、しこり、圧迫症状、不妊、性交痛などがあります。これらは筋腫そのものがもたらす症状です。

そのほかにも、子宮が大きくなることで他の器官の障害をもたらすこともあります。例えば、子宮の後ろ側に筋腫ができ、大きくなると、腰椎の神経が圧迫されて、腰痛が起こることがあります。

 

また、筋腫が膀胱や尿道を圧迫すると、頻尿になったり、尿が出にくくなったりします。

特に注意しなければならないのが、月経過多による貧血です。子宮の内側に筋腫ができる粘膜下筋腫は、その表面にたくさんの毛細血管があり、月経時には大量の出血を起こして過多月経になります。それが原因で鉄欠乏性貧血を引き起こします。

 

子宮筋腫チェック

月経痛や、腰痛など、子宮筋腫を疑う症状を感じている女性は意外と多いもの。

不安を抱えている人は、婦人科を受診する前にチェック項目を確認してみましょう。

 

1:月経の周期が以前より短くなっている

2:月経が始まると、終わるまで10日以上かかる

3:薬を飲まないと我慢できない月経痛がある

4:以前より生理用品の減りが早くなった

5:寝ている間に布団を汚してしまうことがある

6:月経のとき、血の塊が出ることがある

7:腰が重い感じがする

8:めまいや立ちくらみが良くある

9:下腹部にしこりのような硬いものがある

10:トイレが近く、頻尿である

11:おりものが増えたり、茶褐色のおりものがある

12:便秘がちである

13:慢性的な下腹部痛や腰痛がある

14:性交痛がある

15:妊娠しにくい(避妊していないのに2年以上妊娠しない)

 

チェックが付いた項目が0~5個

 

→今のところ問題なし

 

チェックが付いた項目が6~10個

 

→子宮筋腫の可能性あり

 

チェックが付いた項目が11~15個

 

→子宮筋腫の可能性が高い

 

子宮筋腫は、筋腫の大小にかかわらず、自覚症状がなければ経過観察となることも多いのが現状です。健康診断で子宮筋腫が発覚した場合でも、辛い症状がなければそのまま様子を見ることもできるでしょう。

 

子宮筋腫を検査するには?

子宮付近の下腹部周辺に違和感があったりする場合に疑われる病気の一つとして、疑われるのが子宮筋腫でしょう。

そんな子宮筋腫を調べるための検査方法についてご紹介いたしましょう。

 

【どんな検査をするの?】

問診の他には以下のような検査を行います。

 

・内視鏡

・触診

・超音波(エコー)

・MRI

・血液採取

 

など…

 

このような主な検査方法がありますが、その多くは産婦人科での検査となりますから超音波(エコー)を利用したり触診であることがほとんどです。

 

この2つだけで明確にわからない場合は、必要であれば血液を採取して検査したり、MRIや子宮鏡検査などを行う場合もあります。

 

特にMRI検査を利用する場合は他の子宮内部に発生する腫瘍を伴う病気と区別することができない場合など、子宮筋腫らしきものが確認できるが断定できない場合に行います。

 

【検査の手順】

子宮筋腫を検査する場合は病院によっても異なりますが、以下の手順で診断を行っていきます。

 

1.問診

2.触診など

3.超音波(エコー)検査

4.他の施設で検査

  

まずは問診で症状が出ていないかどうかを聞いてから、触診などをして突出した症状がないかどうかを判断します。

 

その後に超音波(エコー)を行って筋腫がないかどうかを視覚的に確認していきます。

もっと詳しく検査が必要な場合は、しっかりとした検査機材のある病院で再診してもらうなどの必要が出てくることもあります。

  

子宮筋腫かも…

と思った時はまず産婦人科を受診してみましょう。

 

これってもしかして子宮筋腫?!超音波を使う検査方法とは…

毎月の生理が重たい、不正出血がみられるなどの症状を感じた場合に、疑ってしまう病気に“子宮筋腫”があります。

しかし忙しい生活の中で、なかなか病院へ受診したり、検査をおこなうなどの時間を取れません。

また、受診したときにどれだけの時間がかかり、検査内容などんなものか、そこを考えても受診に踏み出せない!という女性は少なくありません。

子宮筋腫を発見するための検査を調べてみましょう。

 

◆子宮筋腫を見つけるには?

子宮筋腫を見つけるためには、まず、病院で、超音波検査(エコー)をする必要があります。超音波検査は全く痛みを感じない検査ですので、安心して受診ができますし、時間もさほどかかりません。

 

何よりも、エコーでの発見率はとても高く、高確率での診断が出来ます。婦人科で行われる超音波検査には経腹法と経膣法の、2つの方法が存在します。

 

【経腹法とは?】

専用のジェルを塗ったプローブという機器を(丸みを帯びた手の平サイズほどの機器)を腹部にあて、超音波の反射から内部を確認する方法です。

お腹の中の様子は、モニターに映し出され、患者さん本人も見ることが出来ます。

 

妊娠した妊婦さんが胎児の様子を確認したり、排卵日などの特定・確認を行うためにも使われる機器なので、まったく痛みを感じることもなく、安全安心で行える検査方法です。

 

【経膣法とは?】

経膣プローブといわれる機器(親指サイズほどの小さな機器)を膣内に挿入し体の内側から、内部の様子を確認する方法です。これもまた、モニターに映し出されるので、しっかり確認をとることができます。

 

事前に経膣プローブにはジェルや潤滑油などを塗っておくので、力を抜きリラックスしていれば、痛みもさほど感じません。

経腹法との違いは、子宮や卵巣の近くにまで寄ることが出来るので、より鮮明な画像を得ることが出来ます。

 

◆痛みは?所要時間は?

超音波検査であれば、どちらの方法にせよ、痛みは感じないと言ってもよいでしょう。痛みを感じなくて、薬などを使うわけでもないので副作用などもありません。人体への影響は一切無い検査方法だと言えます。

 

所要時間はものの数分です。「なかなか時間がないな」という方でも、検査自体はすんなりおこなうことができます。

 

子宮筋腫は放っておくと、とても深刻な問題に発展してしまいます。「検査に行けなかった」ことが後々後悔に繋がらないためにも、しっかりと定期的に検査をおこなっておくと安心できます。

 

婦人科には、女性スタッフのみの病院もありますし、妊娠を考えている女性は特に、子宮の状態を知る良い機会かもしれません。是非検査を受けてみましょう。

 

(Photo by:http://www.shinbashishiodome.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

子宮筋腫に関する記事

子宮筋腫の治療方法と食事療法とは?

  セックス時の出血は、さまざまな原因が考えられますが、その一つに「子宮筋...

子宮筋腫の目安の大きさは?

    子宮筋腫ができたことが健康診断で見つかることがよくあります。自分でか...


子宮筋腫ができると危険!?

  中年女性に多いとされる子宮筋腫ですが、どんな危険があるのでしょうか? ...

大量の経血にご注意!30代の3人に1人は子宮筋腫?!子宮筋腫になりやすい人とは?

30代の3人に1人は子宮にコブがあり、子宮筋腫といわれています。 子宮筋腫...

カラダノートひろば

子宮筋腫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る