カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 肺炎 >
  5. 結核 >
  6. 結核後遺症に在宅酸素療法!酸素共有装置って?

気になる病気・症状

結核後遺症に在宅酸素療法!酸素共有装置って?

 

在宅酸素療法とは?

 

在宅酸素療法とは、状態は安定しているが身体の中に酸素をうまく取り込めない人が長期間自宅で酸素吸入をする治療法です。

 

酸素を身体にうまく取り込めないというのは、慢性的な呼吸困難呼吸障害に陥っている人のことです。

これらの人は、戦前に肺を切除したり肺に穴を開けたりする、結核治療を行っていたり、戦後の投薬による結核治療が完全でなかった場合に多く見られる、結核後遺症であることが多いようです。

 

結核後遺症は結核の治療は完了しているが、そのときの治療の後遺症として呼吸困難が現われているので、今の状態は呼吸困難だけということになります。

 

しかし、慢性的な呼吸困難は日常生活にも影響を与え、十分な生活が出来なくなってしまいます。それらを解消するのに役立つのが在宅酸素療法なのです。

在宅酸素療法は、健康保険が適用されています。

  • 高度慢性呼吸不全例
  • 肺高血圧症
  • 慢性心不全の対象患者
  • チアノーゼ型先天性心疾患

以上の疾患で一定の条件を満たしている場合は保険の適用となります。

 

これらの疾患は結核後遺障害でも見られるものです。在宅酸素療法には酸素共有装置が必要になります。

装置には、液体酸素装置酸素濃縮装置の2種類があり、ライフスタイルや症状にあわせて選ぶようになります。

 

液体酸素装置

  • 液体酸素を少量ずつ気化させることで、気体の酸素を供給するシステム
  • 電池不要で携帯にも便利
  • 仕事や外出が多い人向き

 

酸素濃縮装置

  • 部屋の空気を取り込んで窒素を取り除き、酸素を濃縮して供給するシステム
  • 電気で作動
  • 自宅にいる事が多い人向き

 

在宅酸素療法を利用することによって、結核後遺症などによる慢性的な呼吸困難から解消され日常生活や職場への復帰が可能になります。

 

 

(Photo by://www.pakutaso.com/201308photo098post-2607.html )

 

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

結核に関する記事

結核後遺症と付き合う生活を

    結核はかつては大勢の人々を死に追いやった、恐ろしい不治の病でした。し...

高齢者特有の結核後遺症

  結核は一度罹患すれば、その影響で肺などの臓器を損ない、機能の一部が失わ...


もしかすると結核既感染かも!? 注意すべきこと

  かつては、日本人の死亡原因No.1だった、結核。 現在も、結核が日本...

結核後遺症に有効な理学療法

  結核後遺症に有効な理学療法   結核後遺症とは、結核治療後に慢性的...

カラダノートひろば

結核の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る