カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. その他 >
  4. 胸郭変形 >
  5. 手術で劇的に改善する胸郭変形

気になる病気・症状

手術で劇的に改善する胸郭変形

 手術で劇的に改善する胸郭変形

 

胸郭変形は、思春期の成長期で特に男性に多い胸郭の変形です

胸郭が出っ張ってしまっている症状を鳩胸といい、逆に凹んでしまっている症状を漏斗胸といいます。

鳩胸よりも漏斗胸のほうが多く、心臓や肺を圧迫するため、心肺に影響を及ぼすことがあり、その為には手術などを行う必要があります。

 

 

手術の必要性

仮に胸郭変形が見られたとしても、心肺に影響がなければ基本的に手術の必要性はあまりありません

 

しかし、思春期の子供たちがこの胸郭変形による影響を受けるのは、決して心肺機能へだけではありません

その見た目よってストレスを感じたり、薄着や水着姿になることを嫌がったり、人前で着替える事ができなかったり、登校拒否や引きこもりになってしまったり思春期の子供たちにとって、この胸郭変形がもたらす影響というものは、とてつもなく大きいものなのかもしれません。

 

ですから、心肺機能に影響が出ていないのだから手術は必要ないということではなく、見た目を変えるために手術をするという選択肢もあるということです。

 

 

手術のリスクと効果

もちろん手術にはリスクが伴います

全身麻酔をかけ胸部両脇から矯正用のバーを入れなくてはなりません。

感染ということも考えられます。

 

それらのリスクを十分理解した上で、それでもその見た目を変えたいと思うのならば、手術によって矯正してみるのもよいでしょう。

 

手術後は2,3年矯正用のバーを入れたままの状態になります。

手術直後の数ヶ月は運動などを控えて、必要ならば痛み止めの薬を服用しながらの生活になります。

手術後2,3年で変形が矯正されてきたら、またその矯正バーを取り除く手術を行わなくてはなりません。

 

しかし、矯正終了後、矯正バーを取り除く手術が終われば、約1ヶ月程度で激しい運動もできるようになります。

そして何よりその見た目が激変したことを実感できるでしょう。

 

 

 

 

 

(Photo by://www.pakutaso.com/201333photo046post-2432.html)

 

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胸郭変形に関する記事

はと胸には矯正が有効?

  はと胸は、前胸壁(胸骨を含む胸板部分)が前方に突出し、鳩の胸のように見...

胸郭の変形治療後の後遺症

    胸の骨格が変形する胸郭の変形を治療することは、現在の医療技術によ...


胸郭変形を予防するには正しい呼吸

    肺を包み保護する胸郭が変形すれば、肺の活動が阻害され、呼吸が満足にで...

どうしたら良いの?~はと胸の方の下着選び~

              はと胸は、前胸壁(胸骨を含む胸板部分)が前方...

カラダノートひろば

胸郭変形の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る