カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

のどが渇く、尿崩症

 

のどが渇く、尿崩症

 

 

どんな病気なのか?

尿崩症とは、体内の水分がどんどんと排出されてしまうため、脱水症状になりのどが渇くのでまた水を飲むということを繰り返してしまう病気です。

尿の排出量が一日の排出量を大きく上回ってしまうため、常にのどが渇いている状態です。

症状がひどいと脱水症状になることもあります。のどが渇くので一日中水分を体が欲しがります。

水分を取れば取っただけ尿の量も増え、飲んでは排出するの繰り返しです。

 

 

原因は何?

脳にできた腫瘍や頭部の外傷により、脳内の下垂体につながる神経に障害が起きます。

脳内の下垂体には排出する尿の量を調節する、抗利尿と呼ばれるホルモンがありそれが分泌されていますが、障害によってその機能がうまく働かなくなることが原因です。

 

 

検査は何をする?

  • 尿浸透圧→一日の尿量の測定と尿の濃度を調べる
  • 血中浸透圧→基準値内であるかを調べる
  • 水制限試験→水分をまったく取らない状態で尿量と尿浸透圧を調べる
  • 抗利尿ホルモン注射→尿量が増加するかを調べる

 

 

診断は?

  1. 1日の尿量が5ℓ以上
  2. 尿浸透圧が低い
  3. 血中浸透圧が高い

以上の3つの結果であると尿崩症である可能性が高いとされています。

 

また、尿崩症の中でも水分をまったく取らない状態でも尿量が減少しないことや、抗利尿ホルモンを注射すると尿量が増えるなどの症状がある場合は、中枢性尿崩症であり、逆に尿量が減少しない場合は、腎性尿崩症であると診断されます。

 

 

治療は?

枢性尿崩症では、抗利尿ホルモン作用のあるデスモプレシンを点鼻をするとすぐに効果が現れてきます。

しかし腎性尿崩症では有効な治療法はありません。

 

 

日常生活では?

 

枢性尿崩症では一生デスモプレシンを点鼻をし続けなければなりません

腎性尿崩症では、水分を十分に取ることが大切です

しかし、心因性尿崩症では水分の取りすぎに注意が必要ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(Photo by: //www.pakutaso.com/201315photo008post-2298.html )

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

尿崩症に関する記事

多飲多尿に要注意!尿崩症

健康のために水分を沢山飲むのは、非常に大切です。みなさん、1日にどのくらいの...

のどが渇いてトイレの回数が多い、それは尿崩症かも?!

  のどが渇いてトイレの回数が多い、それは尿崩症かも?!   「最近異常に...


治療法が無い?先天性腎性尿崩症

治療法が無い?先天性腎性尿崩症  先天性腎性尿崩症とは? 先天性腎性尿崩症とは...

おしっこが止まらない!尿崩症!

ホルモンは身体の様々な機能のバランスを取っています。   尿量もバゾプレ...

カラダノートひろば

尿崩症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る