カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 膵臓がん >
  4. 治療 >
  5. 膵臓全摘出後の生活について

ガン・悪性腫瘍

膵臓全摘出後の生活について

膵臓を全摘出した後にはどのよう点に注意して生活すればいいのでしょうか?

 

膵臓の働き

膵臓には二つの働きがあります。

 

○膵液を出す

糖・たんぱく質・脂肪を分解する酵素を含んだ膵液を産生・分泌しています。

 

○血糖調整ホルモンを出す

インスリン・グルカゴン・ソマトスタチンという血糖を調節するホルモンを産生・分泌しています。人間では血糖を上げるホルモンは他にもありますが、血糖を下げるホルモンはインスリンしかありません。

 

二種類の薬

○膵液から出ていた消化酵素が不足しているので、消化酵素剤で補います。

また、ゆっくりよく噛んで食べましょう。

 

○インスリン注射をする

膵臓から分泌されていたインスリンが全く無くなるので糖尿病になります。

インスリン注射によって低血糖になることもあります。

 

生活上の注意

○血糖のコントロールをする

過度な運動は控えましょう。またインスリン注射によって過度に血糖が下がることがあるので、砂糖やジュースを持ち歩くようにしましょう。

 

低血糖の症状としては、極度の空腹感、吐き気、脱力感、冷や汗、などが起こります。重度になると精神症状や痙攣、昏睡状態に陥る事もあるので注意が必要です。

 

高血糖状態が続くと、喉の渇き、水を多量に飲む、小便が増える、倦怠感、といった症状が出ます。

 

 

膵臓を全摘出した後では、特に食生活が変わります。血糖のコントロールをすることが快適な生活に結び付くので、食事の仕方や薬について医師としっかりと相談しましょう。

 

(Photo by://pixabay.com/)

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

膵臓全摘出後の食事法

   膵臓には二つの働きがあります。   一つは、膵液という糖・たんぱ...

膵臓切除後の流れ

   膵臓がんなどで膵臓を切除した場合、その後の流れはどうなるのでしょうか...


もしも膵臓がんにかかったら 有効な治療法とはどんなもの?

    ■膵臓癌に限らず、癌という病気には不治の病というイメージがつきまとい...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る