カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 気圧 >
  4. 症状 >
  5. 副鼻腔炎が原因!? 梅雨に片頭痛が酷くなる

頭痛

副鼻腔炎が原因!? 梅雨に片頭痛が酷くなる

片頭痛の患者さんで、梅雨に症状が酷くなったという話を聞くことがあります。そして、合わせて、「風邪を引いたわけでもないし、鼻水も出ないのに鼻声になった」、「夜いびきをかくようになったと言われた」などと言った、症状を訴えることがあります。

 

この場合、頭痛が酷くなる原因に、副鼻腔炎が関わっている可能性が考えられます。

 

梅雨、ダニの繁殖と副鼻腔炎

ダニは高温多湿を好み、梅雨から夏にかけてどんどん繁殖していきます。ダニがアレルギーの原因となっている場合、ダニの増加に伴ってアレルギーの症状が酷くなってしまいます。

 

本人は自覚はしていないけれど、実はダニがアレルギーが症状の原因になっていたり、アレルギーに対する治療を行うと症状が改善したりすることもあります。

 

アレルギーによってよく起きる症状の一つに、鼻水などの鼻腔の炎症による症状があります。この鼻腔の炎症が広がって、副鼻腔炎を発症することがあります。副鼻腔炎の場合、鼻炎の症状がないことも多いです。

 

 ・鼻水は出ないけれど鼻声になった

 ・鼻水はなくても喉の奥に痰があって絡む

 ・額や頰のあたりを軽く叩くと響いて痛い

 

こういった症状の方は副鼻腔炎になっている可能性が高いので、一度耳鼻科を受診することをお勧めします。

 

アレルギー性の副鼻腔炎を治療せずに長引かせてしまうと、慢性副鼻腔炎に進行すると言われています。慢性副鼻腔炎になると、最悪の場合、手術による治療が必要になることもあります。

 

副鼻腔炎は片頭痛を増悪させる

副鼻腔炎の症状として、片頭痛の様な症状が現れることもありますが、片頭痛の人が副鼻腔炎を合併していると、片頭痛の症状が酷くなったり、片頭痛の治療の効果が少なくなると言われています。

 

実際に片頭痛の治療においても、副鼻腔炎があるかどうかを調べ、ある場合はまずその治療を行います。

 

片頭痛の増悪を防ぐという点においても、副鼻腔炎は慢性副鼻腔炎に進行してしまう前に受診し、しっかり治療することが大事です。また、もし副鼻腔炎と診断された場合、ダニによるアレルギーである可能性を考慮して、こまめに清掃するなどの対策をとることをおすすめします。 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: 夏樹さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

頭痛でわかる気圧の接近

片頭痛持ちの人の中には、朝起きて「頭が痛い!雨が降るのでは?」と思ってから天...

こんな副作用が現れたら服用を中止しよう~低気圧頭痛の鎮痛薬の副作用

低気圧頭痛を緩和するために服用する頭痛薬は、気軽に購入できる一般的な薬ですが...


気温差による頭痛は体の防衛システムのせい

気温の変化というものは、特に人の体調に影響を及ぼしやすい要因の1つです。気温...

低気圧頭痛の付随症状とは~これも気圧のせいだった!?

天気が悪い日に頭が痛む…そんな低気圧頭痛を起こしやすい人は、ほかにも不快な症...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る