カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 睡眠(ねんね) >
  4. 0~3ヵ月 >
  5. 寝かしつけ >
  6. 赤ちゃんが急に泣き出すのは「乳児疝痛」の可能性も!

育児・子供の病気

赤ちゃんが急に泣き出すのは「乳児疝痛」の可能性も!

「うちの子夜泣きがひどくって……。」「娘が赤ちゃんの時夕方になるとよく泣いてたわ……。」生後3ヶ月くらいまでの赤ちゃんが激しく泣く原因の一つに「乳児疝痛」というものがあります。この乳児疝痛が片頭痛に関係するといわれています。

 

乳児疝痛とは

健康で栄養状態のよい赤ちゃんが、いきなり泣き始めて、何をしても泣き止まない状態が数時間続き、これが週に何回もある場合に乳児疝痛を疑われます。

 

乳児期の早期に発症し、生後3ヶ月程度で自然と収まることが多いため、「3ヶ月コリック」と呼ぶこともあります。また、夕方以降に泣き始める赤ちゃんが多いことから、「夕暮れ泣き」、「たそがれ泣き」と呼ぶこともあります。原因としてはアレルギーや腸管の何らかの異常などが考えられていますが、今のところ明らかになっていません。

 

乳児疝痛にかかった子どもは片頭痛を発症しやすい?

片頭痛と診断された子どもでは、頭痛のない子どもと比較して、乳児疝痛の経験を持つ場合が多いことが、最近のヨーロッパでの研究で明らかにされました。調査では片頭痛の子どもの約7割に乳児疝痛の経験がある結果となり、前兆のあるなしに関わらず、片頭痛と乳児疝痛の間に相関関係があることが分かりました。

 

アメリカの研究では乳児疝痛の発症に、母親の片頭痛が関係していることが示唆されています。研究では、乳児疝痛の発症は、片頭痛の既往がある女性の子どもでは、既往のない女性の子どもに比べて、約2.5倍高いことが分かっています。

 

乳児疝痛の発症は、片頭痛や、片頭痛に関係する小児周期性症候群などの疾患の初期段階である可能性が考えられています。もしも、お子さんが乳児疝痛を発症している、もしくは、発症していた可能性が考えられる場合には、大きくなってからの片頭痛の発症に注意して見守る必要があります。

 

小児の片頭痛では、話せなかったり、大人の目を気にしたりして、本人が頭痛を訴えられないことがあります。乳児疝痛の経験があるお子さんの場合、いきなりおとなしくなった、不機嫌になった、最近学校をサボる、そういう場合に片頭痛の可能性を考えて、医療機関への受診を検討してみましょう。 

 

(Photo by://www.ashinari.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

寝かしつけに関する記事

起こされてツラ~イ夜泣きを未然に防ごう!赤ちゃんの夜泣きの予防対策

眠たいはずなのに、寝てくれない、泣き止まない…赤ちゃんもお母さんもつら~い夜...

コレで寝かしつけを成功させる!今すぐ試したい厳選10の方法を紹介!

赤ちゃんの寝かしつけに苦労しているママパパはたくさんいるでしょう。抱っこして...

寝かしつけの体験談

強制ネントレ!?2人兄弟の寝かしつけ

二人の子供の寝かしつけについてです。 ママと寝る!長男のつられ泣き長男とともに里帰りし、次男を出産...

生後3ヶ月頃から突然夜泣きをするようになったおチビ

うちのおチビは里帰りしている頃から、夜中に起きる回数はたいてい2回で、しかもおっぱいを飲み終わるとす...

カラダノートひろば

寝かしつけの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る