カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

直腸脱とは

 

 

 直腸脱とは、直腸が肛門から脱出してくる病気です。

ほとんどが高齢の女性に起き、酷い場合は30㎝以上飛び出したり、子宮も飛び出すことがあります。

 

原因

直腸を支える骨盤底の筋肉(肛門挙筋や肛門括約筋)が衰えて直腸が脱出しやすくなります。

また、老齢で仙骨が後傾してくることによって直腸が直立する、骨盤底の下降、腹部臓器が下降して直腸を押し下げる、直腸が短い、といったことも直腸脱を引き起こす原因となります。

 

 症状

初期は排便時のみの脱出ですが、進行すると立っている時にも脱出してくるようになります。それに伴って、直腸の腫れや出血が起こります。

また、多くの患者は肛門のしまりが悪くなって便失禁を伴います。

 

子宮や膀胱の脱出を伴うこともあります。

 

 治療

 治癒させるためには手術をします。

テープでとめる方法、支える筋肉を縫い縮める方法、直腸を縫い縮める方法、直腸を固定する方法、などがあります。

再発の可能性や患者の体力などを考慮して手術法が選ばれます。

 

 

 予後

高齢になればなるほど再発率が高くなり、何度か手術をしないといけないことがあります。

 

まとめ

直腸脱は初期の内は排便時に脱出するだけなので、手で押し戻すことができるために病院を受診しない人も多いようです。

しかし、直腸脱も早期に治療を受けた方が排便機能改善にもなり快適な生活を送ることが出来ます。

もしも直腸脱の症状が出始めたら、恥ずかしがらずに肛門科を受診しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

(Photo by://pixabay.com/ja/%E7%89%9B-%E4%B9%B3%E6%88%BF-%E4%B9%B3%E3%82%92%E9%A3%B2%E3%82%80-%E5%AD%90%E7%89%9B-%E8%8B%A5%E3%81%84%E5%8B%95%E7%89%A9-%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF-%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF-%E5%9B%BD%E7%94%A3%E7%89%9B-56040/)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

直腸脱に関する記事

直腸脱の症状はどのように進行する?

  直腸脱は肛門から直腸部分が飛び出してしまう病気です。 骨盤底の脆弱化に...

あなたの骨盤底筋弱っていませんか?直腸脱を防ぐためには!

      骨盤底筋は骨盤の底を支えてくれている筋肉です。 子宮、膀胱、...


直腸脱と内痔核脱肛の違い

  直腸脱は肛門から直腸が脱出することから脱肛とも呼ばれます。 場合によっ...

いきみで直腸が飛び出る!?直腸脱

  直腸脱と聞くと脱肛のことかと思うかもしれませんが、厳密には違います。 ...

カラダノートひろば

直腸脱の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る