カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 赤痢 >
  5. 便意があっても便が出ない!細菌性赤痢!

気になる病気・症状

便意があっても便が出ない!細菌性赤痢!

 

 

細菌性赤痢とは赤痢菌の感染によって発症する感染症です。

主な感染ルートは経口感染で、発展途上国に集中して発生するために日本においても海外渡航後の発症が多くなっています。

 

感染ルート

赤痢菌に感染した水や食物を摂取することによって感染します。また、患者や保菌者の糞便による二次感染も多く見られるので注意が必要です。

赤痢菌は10~100個程度しかなくても感染するために、家族に赤痢菌感染者が出た場合には気をつけましょう。

 

猿も赤痢菌に対して感受性を持つので、輸入猿が感染源になった事もあります。

 

症状

1~4日の潜伏期間を経て、発熱、腹痛、軟便や水様便で始まり膿血便性の下痢になり、テネスムス(便意があるのに便が出ない、しぶり腹)といった症状が出ます。

 赤痢菌のタイプには4種類あり、A型の場合は重症化することもありますが他の3タイプでは軽症のまま治癒することが多くなっています。

 

治療法

赤痢菌に対する抗菌薬療法としてニューキノロン薬を使います。

下痢による脱水症状を防ぐためにスポーツドリンクなどを飲み、安静、食事療法を行います。

 

 もしも感染したら

細菌性赤痢は 三類感染症に指定されています。

感染拡大を防ぐために、原則的には指定医療機関での入院が必要です。

 

まとめ

細菌性赤痢を防ぐためには、汚染地域かも知れない国では生水、生ものの飲食は避けること、手洗いをしっかりとすることは大切です。

周りに感染を拡げてしまわないためにも病院は必ず受診しましょう。

 

 

 

 

 

 

(Photo by: //pixabay.com/ja/%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%81%AE%E5%8A%AA%E5%8A%9B-%E8%81%B7%E5%A0%B4%E3%81%AE%E7%94%B7%E6%80%A7-%E6%B3%A5-%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%89-%E6%B0%B4-%E3%81%97%E3%81%B6%E3%81%8D-%E8%BE%B2%E6%A5%AD-%E6%9D%91-92262/)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

赤痢に関する記事

インド・東南アジアなど海外旅行者は要注意!赤痢予防のためのポイント

  細菌性赤痢は食べ物から感染する場合も多く、食べ物への注意が必要です。特に大...

細菌性赤痢とアメーバ赤痢にはどんな違いがあるの?

  赤痢には細菌性赤痢とアメーバ赤痢の2種類がありますが、細菌性赤痢とアメーバ...


アメーバ赤痢とは!

    アメーバ赤痢とは、赤痢アメーバという原虫による消化器伝染病です。 ...

大腸の感染症、赤痢に注意 どのように経口感染するのか?

  赤痢は大腸の感染症で、アメーバ性赤痢と細菌性赤痢に分けられています。 単...

カラダノートひろば

赤痢の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る