カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 淋菌感染症 >
  5. 不妊症の原因に?!淋菌感染症!

気になる病気・症状

不妊症の原因に?!淋菌感染症!

 

 

 淋菌感染症とは、性行為や性類似行為によって感染する性感染症です。

 

一回の性交で女性から男性への感染は約20%、男性から女性への感染は さらに高くなると考えられています。

 

女性の場合は無症候性のこともあり、感染に気付かずにいることもあります。

 

 

男性の症状

2~14日の潜伏期間を経て、尿道炎を起こします。まずは尿道の不快感や排尿困難から始まります。続いて頻尿尿意切迫が起こり、化膿性の黄緑色の尿道分泌物が出てきます。

精巣上体炎を起こすと、陰嚢の痛みと腫れ、発赤が起こります。炎症が精巣に波及することによって無精子症となり男性不妊症の原因となります。

 

 

女性の症状

 多少粘り気のあるおりものが増えたかなと言う程度で、ほとんど症状は見られません。

が、卵巣や子宮を通じて骨盤腹膜炎を引き起こすことがあります。骨盤腹膜炎になると下腹部痛、発熱が起こります。子宮の癒着卵管不妊、子宮外妊娠になることがあります。

 

妊婦さんも要注意

新生児は産道感染によって、新生児結膜炎を発症することがあります。淋菌性眼炎は治療しないと角膜潰瘍失明の危険があります。

 

 

HIVの感染率が上がる

最近の研究では、淋菌感染症になっているとHIVに感染する確率が高くなることが分かってきました。

淋菌による粘膜の炎症によって感染しやすくなっているのだろうと言われています。

 

 

予防するには

淋菌感染症は性行為によって感染します。また、咽頭や直腸も淋菌に感染するのでオーラルセックスやアナルセックスも感染の原因になります。

 

性行為、性類似行為をしないことが最も確実な予防法です。

完全に防げる訳ではありませんが、性行為の最初から最後までコンドームを正しく使う事も非常に有効な手段です。

 

まとめ

女性の方は淋菌症自体の症状が軽くても、不妊症、HIVの感染率アップ、新生児の失明、と合併症のリスクを伴います。

正しいコンドームの使用と、気付いた時には検査を受けるようにしましょう。 

 

 

 

 

 

 

(Photo by://pixabay.com/ja/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%B4-%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9-%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AB-%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9-%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB-%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0-%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%B3-108483/)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

淋菌感染症に関する記事

世界で蔓延している「スーパー淋菌」…抗生物質が効かない!治療できない淋菌とは?

淋菌という性病としてはポピュラーな病気があります。 この淋菌に「スーパー淋...

淋菌感染症には要注意!

     淋菌感染症は、淋菌によって起きる急性の性感染症です。   淋菌...


淋菌感染症の注射療法とその効果

  淋菌感染症の治療は抗生剤による治療、そして注射による治療の2種類があります...

淋菌感染症を予防する正しい方法

  淋菌感染症を始めとした性病を予防するにはいくつかの方法がありますが、基本的...

カラダノートひろば

淋菌感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る