カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 陰部 >
  5. その他 >
  6. 膣粘膜に炎症!?4タイプの膣炎(カンジダ膣炎、トリコモナス膣炎、非特異性膣炎、萎縮性膣炎)

女性のカラダの悩み

膣粘膜に炎症!?4タイプの膣炎(カンジダ膣炎、トリコモナス膣炎、非特異性膣炎、萎縮性膣炎)

膣内膣粘膜が炎症を起こした状態を膣炎といいます。この膣炎は4つに大きく分けられます。それは、カンジダ膣炎、トリコモナス膣炎、非特異性膣炎、萎縮性膣炎の4つです。この4つについて症状や対処法を比較してみましょう。

 

1:カンジダ膣炎

・症状…膣がかゆい、痛い。おりものがヨーグルト状になり、白や黄緑色をしている。外陰部が腫れる。性交時、排尿後の違和感。

 

・処置…膣坐薬の処方。

女性の7割近くが発症すると言われており、自然と治っていることも多い病気です。

 

2:トリコモナス膣炎

・症状…黄色いおりものが増える。膣や外陰部がかゆく、灼熱感を感じる。排尿時の痛み。

 

・処置…膣錠の挿入と内服薬の併用。アルコールが制限されることもある。

トリコモナス原虫という病原体によって引き起こされる病気ですが、再発や再感染をすることが多い病気です。

 

3:非特異性膣炎(細菌性膣炎)

・症状…膣粘膜が赤くなり、かゆみ、痛みを感じる。おりものから悪臭がする。排尿時の痛み。

 

・処置…膣坐薬の処方。

特別な菌ではなく大腸菌やブドウ球菌など一般的な細菌が原因になり、自分の免疫が弱っているとかかりやすくなります。

 

4:萎縮性膣炎

・症状…膣の痛み、出血。

 

・処置…膣坐薬の処方。内服薬や貼り薬を処方される場合もある。

 

更年期以降の女性や、出産後から月経がはじまる前までの女性に多くみられ、膣粘膜が弱くなっていることによっておきます。

 

病気によっては出産に影響があったり、パートナーに感染させてしまったりする可能性があります。

 

症状の差はわずかですから、自分で判断するのは難しいかもしれません。とにかく膣や陰部に違和感を覚えた場合は病院で治療を受けることが大切です。

 

「妊娠・出産」で人気の記事はこちら

●妊娠初期の特徴のひとつ「おりもの」の変化について

 

「女性のカラダの悩み」で人気の記事はこちら

●おりものの色や形状でわかる、あなたの病気!あなたはどの病気?

(Photo by: //www.photo-ac.com/)

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

閉経後に注意!萎縮性膣炎

萎縮性膣炎は老人性膣炎とも呼ばれ、出血や痒みを伴うこともある膣炎のひとつです...

性行為がなくても生じる外性器の病気~萎縮性膣炎、接触性膣炎、性器脱、バルトリン腺膿瘍

    外性器の部分に以上が生じたからと言って、全てが俗に言われているところ...


女性器は細菌感染しやすい場所なので気をつけて!子宮頸管炎になったら受ける検査、治療法を解説!

女性器というのは、口や耳のように、外の世界と直接つながっている場所です。そのた...

もしかして私も子宮膣部びらん?病気じゃないけど気になる!びらんの特徴について

  成人女性ならば8割には見られるとされている「子宮膣部びらん」というものがあり...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

その他の記事ランキング

人気体験談ランキング

女性のカラダの悩みのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る