カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 性病(STD) >
  5. 尖圭コンジローマ(HPV) >
  6. 性器周辺のイボイボは放置しないで!尖圭コンジローマかも!!

女性のカラダの悩み

性器周辺のイボイボは放置しないで!尖圭コンジローマかも!!

10代~30代に多い尖圭コンジローマという病気ですが、ほとんど自覚症状がありませんが、早期発見早期治療が大切な病気ですのでここで紹介しておきましょう。

  

〇感染・原因

主に性行為によって感染します。ヒトパピローマウイルスの感染によって発症します。

 

〇症状

ほとんどの人は性器周辺や肛門周辺のいぼに気づいて、病気を自覚します。潜伏期間は3週間~6ヶ月とされていて、感染後の潜伏期間を経て、いぼとなって現れます。

コンジローマの症状はいぼの形成やおりものが増えるだけですが、実際尖圭コンジローマは他の膣炎を伴うことも多いので、かゆみや痛みを感じるケースもあります。

いぼの色は白や赤色、赤褐色の場合が多いですが、黒っぽい色のこともあるようです。いぼの大きさは数㎜ですが、放っておくと大きくなっていき、数も増えていきます。

膣内部にもいぼができますが、目で見て確認ができないため、指を挿入して確認する必要があります。

 

〇治療

尖圭コンジローマの治療は外科的切除、つまりレーザーなどで焼き固めたり、液体窒素で凍結させる方法がありますが、最近では外用薬で治療することも多いようです。

 

〇再発の危険

尖圭コンジローマは潜伏期間が長いため、再発の可能性が高く、治療が長期にわたってしまうことが少なくありません。

 

〇女性も男性も

感染するのはなにも女性だけではありません。男性も感染すると、性器周辺にいぼが形成されますし、肛門周辺にもいぼが確認できます。感染は避妊具を使用することで予防できます。

 

 

パートナーがいる場合は両方の治療を行っていかなければ何度も再発を繰り返しますので、気づいた場合にはすぐに病院を受診されることをおすすめします。  

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/03/04-358609.php?category=48]) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

尖圭コンジローマ(HPV)に関する記事

もしかして尖圭コンジローマ発症した時に出る女性特有の症状とは

コンジローマは、尖圭コンジローマという名前です。 コンジロームと呼ばれるこ...

イボと痒みがあったら注意!コンジローマのかゆみの症状ってどんな感じ?

触れるとわかる、膣や肛門の周りのブツブツしたイボ…わずかにかゆみも感じる!そ...


コンジローマの男性から原因ウイルスをもらわないために

コンジローマの原因ウイルスでもあるHPVには低リスク型・高リスク型があります...

コンジローマが完治すれば妊娠は可能?それとも難しい?

性感染症や性器の病気にかかった時に気になることは妊娠・出産への影響はあるのかど...

カラダノートひろば

尖圭コンジローマ(HPV)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る