カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 混合肌 >
  5. 混合肌の方必見!おすすめのクレンジング洗顔術を実践しよう!

美容・ダイエット

混合肌の方必見!おすすめのクレンジング洗顔術を実践しよう!

 

 

混合肌は場所によって普通肌、乾燥肌、オイリー肌と多様な肌質を持っているので、それぞれの場所に適したケアをしてあげることが大切です。

 

 

〇クレンジングは落としすぎないものを選ぶ

オイリー肌や乾燥肌が混在するため、場所によって刺激に強い弱いがあります。そのため、クレンジング力が強いものはあまりおすすめしません。

 

・オイルクレンジングを避ける

早く良くメイクが落ちるし、ぬれたままでもクレンジングできるものもあるので、つい選びがちなのがオイルクレンジングです。確かに、すぐにさっぱりつるつるになり、爽快ですよね。

「油は油で落とす」というように、化粧品の中には肌なじみがよくなるように油分が多く含まれているため、その油を落とすには油(オイルクレンジング)を用いるのが一番手っ取り早いのです。

しかし、オイルクレンジングは肌に残しておきたい皮脂まで一緒に落としてしまいます。必要以上に皮脂を落とすことは、肌を無防備な状態にしてしまいますし、何より、肌が「皮脂がたりない!大変だ!」と余計に皮脂を分泌する原因になりかねません。

 

・ミルククレンジング、クリームクレンジングを選ぶ

これらのクレンジングにはオイルクレンジングよりも入っている油の量が少なくなっていますので、必要な皮脂までは落としません。イメージとしては乳液とオイルクレンジングを半分ずつで混ぜたような感覚です。そのため保湿力が高いですが、洗浄力がオイルよりも弱くなってしまうため、こちらのクレンジングを使用している場合はクレンジングを2回行うという人も多いようです。

ミルクとクリームの大きな差はありませんが、強いて言えば質感です。一般的にはミルクの方がゆるい液体です。

 

 

〇洗顔はTゾーンUゾーンの区別を

ここではTゾーンをオイリーな場所、Uゾーンを乾燥している場所として話をしていきます。TゾーンとUゾーンの区別と言っても、石けんを変えるとかそういったことではありません。基本的には「強さ」と「長さ」です。

 

・Tゾーン

Tゾーンは皮脂が多いですから、強く洗いがちです。しかし、洗いすぎはより皮脂の分泌を促しますので、足りないくらいがちょうどいいと考えて洗顔しましょう。もちろんこすり洗いもNGです。

 

・Uゾーン

Uゾーンは泡をのせたら早めにすすぐようにしましょう。特に乾燥がひどい場合はクレンジング後、洗顔料を使用せず、水だけでも十分です。

 

 

一つのクレンジングや洗顔の中で、場所によって対処を変えてあげるだけで、肌質は少しずつ変わってきます。逆におろそかにしてしまうと肌質は少しずつ悪くなっていきますので、丁寧に取り組みたいところです。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/05/01-361549.php?category=265])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

混合肌に関する記事

混合肌の基本、クレンジングと化粧水

  TゾーンやUゾーンは皮脂が多くテカリがちだけれども、ほほや目のまわりは乾燥...

「自分の肌質がいやだ」という女性必見!肌質改善のスペシャルケア

  混合肌のスキンケアは、乾燥する部分と皮脂の多い部分のケアを分けて行うのが一...


混合肌になってしまうかも?気をつけるべき刺激

    肌タイプは人それぞれで、個人差を持っています。生まれたばかりの頃は、...

あなたはインナードライ?隠れた症状を暴く

    皮脂分泌や、乾燥といった症状と一度に向き合わなければいけない混合肌。...

カラダノートひろば

混合肌の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る