カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 性病(STD) >
  5. 外陰炎 >
  6. なんだかアソコが痒い・・・そのかゆみは外陰炎の可能性も!

女性のカラダの悩み

なんだかアソコが痒い・・・そのかゆみは外陰炎の可能性も!

  

女性は生理の期間になると、おりものや経血で陰部がむれて陰部のかゆみを感じることがあります。生理中はムレやすいため、かゆみを感じても一過性のものですから、あまり気にする必要はありません。しかし生理期間中以外で陰部のかゆみや痛みなどを感じることはないでしょうか?

 

それは外陰炎という病気かもしれません。 

 

原因

外陰部が細菌などに感染して炎症を起こします。特に外陰部に傷があるとそこから感染して炎症になります。

 

感染する菌はブドウ球菌や大腸菌など、一般的な菌が外陰の抵抗が弱いときに感染することもありますし、もともと膣内で炎症があれば(カンジダ膣炎など)、おりものによりその原因菌が外陰部に付着し、膣炎の合併症として外陰炎を引き起こされることもあります。

 

性交渉時の傷や刺激の強い洗浄剤などによって気づかないうちに傷ができ、炎症になっている場合もあります。

 

症状

外陰部のかゆみ、痛み、熱感を自覚しやすい他、膣炎などと併発している場合はおりものの色が黄色や黄緑色になったり、においがきつくなって気づく場合が多いです。その他、異物感や出血、しこりがみられることもあります。

 

治療

膣炎などの元々の原因が分かっている場合は、そちらの治療が優先されます。

基本的にはかゆみ止めや抗炎症薬が用いられますが、細菌性の感染を起こしている場合は抗菌薬が用いられます。

 

予防

きつい下着やストッキングでしめつけるとその分通気性が悪くなり、陰部を締め付けてしまうのでなるべく避けるか、通気性のよいものに代えましょう。生理時のナプキンはできるだけこまめに取りかえ、清潔を保ちます。

 

洗浄はゴシゴシと力を入れて洗っては逆に粘膜を傷つけてしまうので、やさしく洗うようにしましょう。 

 

陰部のかゆみや痛みは膣炎などの病気のシグナルでもあります。おかしいと思ったら、早めに病院を受診しましょう。 

(Photo by: //free-photo.gatag.net/

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カラダノートひろば

外陰炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る