カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 気圧 >
  4. 症状 >
  5. 頭痛+ストレートネックは気圧変化の影響を受けやすい?!

頭痛

頭痛+ストレートネックは気圧変化の影響を受けやすい?!

 雨が降る前や気圧の変化に敏感だと言われる頭痛をもつ人たち。

しかし、彼らのすべてがこれらの天気の変化に敏感なわけではありません。

 

頭痛とある症状が併発していることによって、それが起きやすくなると言われています。

そのある症状とは「ストレートネック」です。

 

ストレートネックとは? 

ストレートネックとは、頸椎の前の湾曲が小さく首がまっすぐになっているような状態のことを言います。

首は体と脳をつなぐ神経のトンネルのようなものです。その神経の束にストレスがかかるため、様々な不調を引き起こします。ストレートネックになると、肩こりや頭痛を引き起こすだけでなく、自律神経にたいしても不調の影響を与えます。 

ストレートネックと自律神経と頭痛の関係 

なぜこの条件が揃うと頭痛が起きやすいかというと、ストレートネックで自律神経が不安定になっている場合、気圧や気温の変化に対して自律神経のコントロールがうまくできなくなります。自律神経は血管収縮・拡張もコントロールしているため、乱れると気圧や天候の変化などに対応することができなくなります。

乱れた自律神経により、血管が過剰に収縮して、拡張するというような状態は、脳でも同様に起こり、血管や周囲の組織にストレスを与え、それが痛みの原因になるということも言われています。

 

ストレートネックの見分け方は単純で、首の後ろの筋肉がこわばっているため、上を向きづらいことです。他の人と比べるとよりわかりやすいかもしれません。

ストレートネックの症状がある場合には、まずはその改善をすることで頭痛などの症状が改善することがあります。  

ストレートネックの改善法

ストレートネックは首の後ろの筋肉がこわばっているため、ほぐしていくことが必要になります。

 

1.10~15秒ずつ上を向きます。その後ゆっくりと首を回します。

2.1を2,3セット行います。

 

デスクワークなど、俯き向き姿勢の時間が長い人は、1時間に1回など意識的に行うようにしましょう。筋肉がほぐれ、かつ血行も促進される為、気分転換にもなります。 

 

首のこわばりは気付かないうちに悪化し、頭痛や他の不調を招いていることがあります。

意識してほぐすことを心がけましょう。 

(photo by://www.ashinari.com/2012/05/11-361873.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

頭痛でわかる気圧の接近

片頭痛持ちの人の中には、朝起きて「頭が痛い!雨が降るのでは?」と思ってから天...

副鼻腔炎が原因!? 梅雨に片頭痛が酷くなる

片頭痛の患者さんで、梅雨に症状が酷くなったという話を聞くことがあります。そして...


気温差による頭痛は体の防衛システムのせい

気温の変化というものは、特に人の体調に影響を及ぼしやすい要因の1つです。気温...

低気圧頭痛の付随症状とは~これも気圧のせいだった!?

天気が悪い日に頭が痛む…そんな低気圧頭痛を起こしやすい人は、ほかにも不快な症...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る