カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 生理前の腰の痛み、月経前緊張症!原因と治療法は?!生理痛体操で、生理痛を撃退!!

女性のカラダの悩み

生理前の腰の痛み、月経前緊張症!原因と治療法は?!生理痛体操で、生理痛を撃退!!

 

生理前や生理中に腰が痛くなることは生理痛の一つです。しかし、痛いとまではいかなくとも腰にボーリングの球がぶら下がっているかのように重かったり、腰回りがなんとなくだるく感じることもあります。特にこれらの症状は生理前に多いようです。

 

生理前に腰が重い・だるいから始まって、症状が悪くなっていくと激しい腰の痛みに襲われる。そしていざ生理がはじまるとその症状がおさまってしまう。

こういった症状は軽いものから重いものまでありますが、まとめて月経前緊張症と言います。この月経前緊張症の原因はいまだ特定されていませんが、現時点では精神的な要因の比重が大きいと考えられています。 

 

ではどうして、月経前緊張症の場合、腰に負担がかかるのでしょうか?

考えられているのはホルモンの影響です。もうすぐ生理だぞという時期になると、卵巣ホルモンの1種であるリラキシンという物質が体内で分泌されます。この物質の作用は簡単に言えば関節を緩めることです。その関節とはどこの関節を言っているのか?それは骨盤です。骨盤の関節を緩めてしまう作用を持っているのがリラキシンです。 

 

さて、骨盤が緩むとどうなるでしょうか?

不安定な骨盤では歩こうと思っても動きづらいですよね。その動きづらさを支えるために腰の筋肉や足の筋肉、他部分の関節が骨盤をうまくサポートすることになります。

 

そうするとどうでしょう?自分では意識していないところで、体が勝手に腰の筋肉に力を入れ、足を動かしているのです。それは疲れますよね。こうしたことが生理前の腰の重さやだるさにつながってくるのだそうです。 

 

まだ原因がしっかり特定されていない生理前緊張症ですが、生活習慣の改善や、精神的な安定によってある程度の改善が見込まれます。まずは生活習慣の見直しやリラクゼーションによって症状の緩和をはかってみてください。

 

生理前に起こる、体調不良&精神不安…「月経前緊張症」の原因と治療法は?!

生理前いつも体調を崩している気がする...頭痛や眠気、イライラ、情緒不安定、動機や吐き気...思い当たることはありませんか?生理が始まる1週間くらい前に怒る体調不良「月経前緊張症」といいます。症状と対処法、治療法を見ていきましょう!

 

月経前緊張症の原因は?

月経前緊張症の原因については、まだはっきりと解明されていません。

ただ、考えられる原因がいくつかあります。

 

1.血圧や細胞外容量の調節に関わるホルモン系である「レニン・アンジオテンシン系」の異常

※レニン・アンジオテンシン系は、血圧低下や循環血液量の低下により活性化される。

活性化されると、昇圧物質が分泌され、高血圧などの原因になります。

 

2.体温調節、血管や筋肉の調節、攻撃性の調節、運動、食欲、睡眠、不安などに関係するセロトニンの異常

 

3.卵巣から分泌されるステロイドホルモン(女性ホルモン)の異常

 

月経前緊張症の症状とは?

月経前緊張症は、非常に症状の幅が広い疾患です。

原因も明確にはわかっておらず、この症状からこの症状までが月経前緊張症というしっかりとした範囲がありません。

 

ですが、主に見られる症状は「身体的な症状」と「精神的な症状」に大きく分けられます。

それぞれの症状に対して、軽いものから重いものまであります。

 

身体的症状

・頭痛

・眠気

・めまい

・ニキビ

・肌荒れ

・肩こり

・吐き気

・動悸

・乳房の緊満感(※乳房に熱を持つ、張って固くなる、触ると痛いなど)

・過食

・食欲不振

・腹痛

・膨満感

・腰痛

・便秘

・下痢

・むくみ

・倦怠感

・関節痛

・体重増加

 

精神的症状

・情緒不安定

・抑うつ症状

・不安感

・睡眠障害

・イライラ

・無気力

・不眠

・過眠

・緊張

・疲労感

・涙もろくなる

・妄想が多くなる

・怒りっぽくなる

・パニックになりやすい

・孤独を感じる

・集中力の低下

・判断力の低下

・対人関係の不和

・育児不能

 

これらの症状は人によってかなり違いがありますし、これらの症状だけが月経前緊張症の症状というわけではありません。

 

同じ人の月経前緊張症であっても、必ず毎回同じというわけではなく、月ごとに変化したり、もちろん毎月同じ症状が見られたりします。

 

また、年齢と共に変化していくこともありますし、逆に生活環境が変わることで改善することもあります。

 

程度の差が幅を持って認められ、定義もはっきりとしているものではないので、非常に多くの女性がこの月経前緊張症を経験しているとされています。

多くはどれか一つの症状が見られると言ったものではなく、いくつかの症状が重なって起きることが多いようです。

 

月経前緊張症の「めまい」

月経前緊張症で起こるめまいは、「平衡感覚」を失います。

平衡感覚の崩れによりめまいを起こすのです。

 

月経前緊張症の治療法は?

神経科や精神科でお薬を処方してもらう方法がありますが、自分で気を付ければ症状が改善されます。

 

自分でできる、月経前緊張症の治療法

1.規則正しい生活を心がける

2.バランスの良い食事をしっかり摂取する

3.適度な運動を行う

4.マッサージなどリラクゼーション効果のあることを行う

 

自分の体調のリズムを知り、うまく付き合っていけるようにしたいですね。

 

医師に相談するのも一つの方法

実際に月経前緊張症を発症していても、正常の範囲の中で少しおかしい程度の人もいれば、生理前が嫌になるほどの症状を感じる人もいます。

感じ方は人によって違いますので、つらくて我慢できない・生活に支障が出るなどしたら、医師に相談することも一つの方法です。

 

生理痛体操で、生理痛を撃退!!

骨盤のズレが生理痛につながっている場合もあります。

骨盤矯正体操をするだけで、鎮痛剤がいらなくなったという人もいますので、試してみるのもいいでしょう。

3分でできる簡単な骨盤体操、腰回し運動を紹介しましょう。

 

①腰回し運動

骨盤の位置に骨盤ベルトや骨盤ゴムチューブを巻きます。

締める位置は太ももが一番出ている場所になります。

足を肩幅に開き、頭を動かさないよう に腰を左右各10回くらいずつ回します。

これを1日に20~40回行います。自分のペースで無理のない回数をこなしていきましょう。

 

㋥骨盤の歪み矯正

骨盤が歪んでいると様々な障害が出てきます。

生理痛もその中の一つになります。自分で歪みをチェックする方法として、仰向けに寝て肩幅に足を開き、骨盤の一番高いところから床までの高さを調べます。

左右同じでなければ低い方に骨盤が歪んでいることになります。

もっと簡単な判断法として、真っ直ぐに立った状態で肩の高さが違う、足の長さが違う、いつも同じ方にネックレスがズレる、等があります。

両足を前に出して座り、少し開き気味にします。

右手を後ろにつき、息をゆっくりと吐きながら体を右にひねり、左手を後ろにある右手に重ねるようにします。

その後、ゆっくりと息を吸いながら元に戻ります。

右側の骨盤が歪んでいる場合は、反対向きで行ってください。

分からない場合、やりにくい方向で行うようにしましょう。

 

 

骨盤を矯正することで、生理痛改善の他にも、ダイエットや便秘にも効果がありますので、ぜひやってみてくださいね!!

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2011/11/21-353199.php?category=34])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生理・月経に関する記事

生理のときの眠気はPMSが原因?かんたんな眠気対策!妊娠準備のためのホルモンと深く関係している!?食事で改善しよう☆

生理前や生理中は眠たくなりませんか?眠くて眠くて仕方ない…こんな経験のある女...

生理中や生理前の眠気…もしかして「月経関連過眠症」かも?この眠気はどうして起こるの?眠気撃退法!その原因と対策法

   生理中や生理前に強い眠気に襲われることがあります。 それは「月経関連過...


めまい・立ちくらみ・貧血と生理って関係あるの?症状が出るのは生理前?生理後?原因とセルフケア

「生理のときにめまいがする」 あなたは生理前になりますか?生理中・生理後で...

生理中は足が太くなる!?むくみが起きる原因と仕組み。生理中のむくみ、女性の身体との関係とは?

女性の代表的な悩みがむくみです。普段から足がむくむという方もいますし、生理の...

カラダノートひろば

生理・月経の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る