カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 治療 >
  4. 正しい診断・治療には不可欠!自分の病気を説明しよう!頭痛編

頭痛

正しい診断・治療には不可欠!自分の病気を説明しよう!頭痛編

 

とっても頭が痛い!お薬を飲んでみたけど、どうにもならない。病院へ行こう!でも、いざ病院に行って、お医者さんに色々質問されてあたふたしたことはありませんか?どう説明していいか分からなくて戸惑ったことはありませんか?

 

頭痛について、病院でどんなことを質問されるか、その質問にどう答え方のポイントをご紹介いたします。

 

頭痛で病院に行った時に、お医者さんが知りたいと思って質問することは大体次にあげるようなものです。大きく分けて、痛みについての質問と、患者さんの生活習慣や環境などを知るための質問があります。

 

 痛みについて

 

1. どのような痛みか

2. どこが痛いか

3. どれくらい続いているか

4. どのくらいの頻度であるか

5. いつ、痛くなるか

6. 症状がひどくなる・改善するのはどんな時か

7. 頭痛の他に何か症状はあるか

8. どれくらい困っているか

9. どんな対処をしたか

 

生活習慣や環境について

 

1. 今飲んでいる薬はあるか

2. お酒やコーヒー、タバコなどの嗜好品の摂取について

3. 睡眠、食事、排泄について

4. 家族に頭痛になりやすい人はいるか

5. どうしたいか 

 

これらを質問して、病気を推測して検査を計画し、診断をつけたり、患者さんに合わせた治療法を検討していきます。いきなり病院で尋ねられてとまどってしまうこともあるかもしれません。ここにあげた項目を参考にして、事前にご自身の頭痛の症状についてまとめておくのもよいかもしれません。

次のパート(頭痛を説明しよう パート2 痛みについての説明)では痛みについての質問のそれぞれの項目について、具体的に説明していきます。

 

 

Photo: //www.ashinari.com/2011/08/29-349549.php

著者: 夏樹さん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

治療に関する記事

ロキソニンに重大な副作用として「大腸閉塞」が追加、継続使用への問題は?

近年、鎮痛・消炎薬として広く用いられるロキソニンに、重大な副作用として「腸管...

頭痛に使用される薬

頭痛は大きく分けて片頭痛・緊張性頭痛・群発頭痛に分類されますが、主に薬物治療が...


頭痛を消し去る‘トリプタン’という薬があまり使用されないわけとは?

  頭痛もちの人にとって完全に頭痛を抑える、もしくは頭痛を感じなくさせる薬...

頭痛で医者にかかるときの注意点

  頭痛の治療・診断は、問診を元にした判断による部分が大きいです。 そのため、...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る