カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 治療 >
  4. 頭痛を説明しよう!パート2*痛みについての説明

頭痛

頭痛を説明しよう!パート2*痛みについての説明


ここでは、診察時の痛みについて患者さんに聞く内容をまとめてあります。

どういった表現や伝え方がよいかという点で、困る方にとって目安にしていただければと思います。

 

1. どのような痛みか

 痛みの性質について説明しましょう。実際の患者さんの言葉を例に挙げます。擬音語や擬態語を使ったり、イメージで表したり、様々な表現があります。

 

(例)ズキズキ。チクチクする。ガーンと殴られた。キューっと締め付けられるような感じ。重たくて鈍い感じ。脈に合わせて頭がドクドクする。音が響くような痛み。モヤモヤと膜がかかったよう。頭の中に小人がいて靴でグリグリとしているよう。

 

2. どこが痛いか

前後左右、奥、真ん中、右側など簡単な言葉で構いません。痛みの場所がはっきりしていて、何と表現していいか分からない場合、「この辺が痛いです」と指し示すのもよい方法です。痛みの場所がはっきりしない時や全体が痛む時も、そのまま伝えれば問題ありません

 

3. どれくらい続いているか

この項目には3つの意味があります。

まず、頭痛の症状を自覚してからどれくらいかということです。

(例)2年前から痛い。小さいときから痛かった。

もう一つは、頭痛の症状が出た時にどれくらいの時間、症状が続くかということです。(例)痛くなって4時間くらいでよくなる。一度痛くなると2日は続く。

また、受診時に頭痛が続いている場合は、その頭痛がいつから続いているかについてを話しましょう。

(例)昨日から痛みがあり、今朝ひどくなった。今は痛くないが昨夜まで1週間痛かった。

 

4. どのくらいの頻度であるか

頭痛の重症度を知る上でも重要です。

(例)1日に3回。2週間に1回くらい。月に1回とても辛い日があって、あとは毎日痛い。

 

5. いつ痛くなるか

頭痛を発症する時間帯や季節、タイミングが決まっている場合には教えてください。診断や予防の計画を立てる上で重要になります。

(例)朝起きた時。階段を上った後。梅雨になると痛い。香水の匂いを嗅ぐと痛くなる。

 

6. 症状がひどくなる・改善するのはどんな時か

5に似ていますが、症状が変化するタイミングがあれば教えてください。

(例)ベッドに横になると痛みがひどくなる。お酒を飲んだ日に激しくなる。コーヒーを飲むと痛みが軽くなる。

 

7. 頭痛の他に何か症状・病気はあるか

頭痛の際に肩こりや吐き気、イライラなどをともなう人は多いです。また、現在治療中や気になる症状があればそれも伝えましょう。

(例)熱っぽい。高血圧と言われている。首が痛くなることが多い。

痛くなる前の予兆のようなものがある患者さんもいます。その場合は教えてください。

(例)手がいきなりだるくなることがあってその日は大体頭痛になる。頭が痛くなる前に目がチカチカする。

 

8. どれくらい困っているか

頭痛によって、ご自身の生活にどんな影響が出たかを教えてくれると、医師も重症度の検討をつけやすくなります。

(例)頭痛の日は仕事を休みたくなる。 頭が痛いとイライラして家族にあたってしまい悩んでいる。

 

9. どんな対処をしたかとその効果

飲む市販薬が決まっていたり、取っている対策があれば教えてください。他の病院に行ったなども重要な情報です。

(例)電気を消してじっとしているとそのうち痛みがなくなる。市販薬を痛い時に飲むが効果はない。耳鼻科にいったが特に問題ないと言われた。

 

たくさんの項目があって、こんなに無理!と思われるかもしれませんが、頭痛の状態や重症度を知ることは、診断のための検査の計画を立てたり、診断後の治療法を決めていく際にとても重要なのです。頭痛の治療や予防法は患者さん一人一人の病気の程度や、生活、性格に合わせてきめ細やかに対応していくことで効果が上がります。ここにあげた項目について、患者さんご自身が説明できるようになっていただくと、医療従事者も大変助かります。

 

次の「頭痛を説明しよう!パート3 生活習慣や環境について」生活習慣や環境についてで説明しています。是非、こちらも併せて読んでみてください。

 

 

Photo: //www.ashinari.com/2011/08/29-349553.php

 

著者: 夏樹さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

頭痛を抑える薬のエルゴタミンの歴史と作用メカニズムとは?頭痛の治療について

  頭痛を抑える薬として医療機関でよく処方されるものとして、エルゴタミンと...

正しい診断・治療には不可欠!自分の病気を説明しよう!頭痛編

  とっても頭が痛い!お薬を飲んでみたけど、どうにもならない。病院へ行こう!で...


慢性頭痛の原因が心臓にある可能性?「卵円孔カテーテル閉鎖術」とは

近年、テレビ番組の「世界仰天ニュース」などで取り上げられ話題となった、新たな...

頭痛に使える市販薬

  ドラッグストアや薬局で購入できる市販薬とその特徴をいくつか紹介します。...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る