カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 検査・治療 >
  5. 重金属(有害金属)が溜まっていませんか?

関節痛・腰痛

重金属(有害金属)が溜まっていませんか?

a1180_003577.jpg


重金属(有害金属)が体内へ蓄積されるという現象をご存知でしょうか?


 重金属(有害金属)には、アルミニウム、カドミウム、鉛、水銀などがあります。ミネラル不足やストレスが原因でそれらを体外へ排出することが難しくなります。

 食べ物、排気ガス、特定の調理器具などに含まれる重金属(有害金属)が体内へ蓄積すると酵素の働きの邪魔をし、アレルギー、全身倦怠、動脈硬化など様々な不調を引き起こします。
そして、免疫システムへも作用し、結果的に関節痛やリウマチとして発症する場合もあります。

 現在ではあまり使われていませんが、歯科治療では歯の修復材料としてアマルガムが使用されていました。アマルガムに含まれる水銀などが溶け出し体内へ吸収されるケースも考えられます。
不安な方は一度、歯科で診てもらうことをおすすめします。

 また、重金属(有害金属)の蓄積量の検査、及び解毒は、キレーション治療を行っている医療機関で受診が可能です。キレーション治療とは、キレート剤を点滴し血管内で重金属(有害金属) を掴み取り、尿中排出させる方法です。
この時、必要なミネラルも同時に排出されてしまうため、サプリメントなどで補う必要があるとされています。

重金属(有害金属)の予防策

日常生活における予防策としては、ビタミン、カルシウム、鉄、セレニウム、亜鉛、マグネシウムなど、ミネラルの摂取を心がけることです。食事やサプリメントから上手に補いたいですね。

(photo by //www.ashinari.com/2012/01/21-356094.php  )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

炎症を抑えてリウマチに効くアザルフィジンとは

  抗リウマチ薬としてよく使用されるアザルフィジンは、炎症を抑える薬です。...

妊娠中のリウマチ治療で気をつける点

  せっかく子宝に恵まれ授かった新しい命に喜ぶ一方で、関節の痛みが生じ、病院で...


関節リウマチの薬物治療

関節リウマチの薬物治療は症状のコントロールや関節破壊の抑制などの目的で行われ...

関節リウマチの治療薬「メトトレキサート」の特徴について

  関節リウマチの治療薬の中でも第一選択薬として日本リウマチ学会のガイドラ...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る