カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 性器のトサカに要注意!尖圭コンジローマ!放置したときのリスクは?感染予防策と治療法

気になる病気・症状

性器のトサカに要注意!尖圭コンジローマ!放置したときのリスクは?感染予防策と治療法

 

 尖圭コンジローマとは、ヒトパピローマウイルスの感染によって生殖器周りにイボ(良性腫瘍)が出来る病気です。

 

 

 感染ルート

性交渉による感染後3週間~8カ月という長い潜伏期間を経て発症します。

その為に感染源を特定する事が難しく、また潜伏期間中に感染に気付かずに性交渉を行う事により感染が拡大することがあります。

 

 症状

性器の周りにイボが出来ます。

イボの形は鶏のトサカ状、カリフラワー状、乳首のような形となって現れます。

痒みや痛みを伴うことは少なく、気付かない事があります。

また治療しても他の部位へ転移して病変部位が広がったり、再発することがあります。

 

治療

 薬剤療法による治療と外科手術による治療があります。

 薬剤療法ではべセルナクリームという薬が使われます。

外科手術では、メスによる切除、液体窒素での凍結、レーザーや電気で焼き切る、といった方法だ取られます。

 

感染しても無症状の人の中には、自己免疫力によって自然治癒する人もいます。 

ただし、その場合もウイルスに感染する可能性があるので注意が必要です。

 

予防

コンドームを使いましょう。

ただし、病変部位が広がっている場合はコンドームをつけていても感染することがあります。

 

複数のセックスパートナーがいる場合は、感染の確率が上がります。イボがないからといって感染してないとは限らないので注意しましょう。

 

まとめ

もし性器周りにイボが出来たら、パートナーに感染させないためにも必ず治療しましょう。

ヒトパピローマウイルスの中には悪性腫瘍を起こすものもあるので、病院での診察は必須です。

 

 

放置は危険!尖圭コンジローマを放置したときのリスク

尖圭コンジローマとは、陰部周辺や肛門周辺に様々な形と色のイボができる疾患です。性行為で感染する性病であり、クラミジアや淋病などに次ぐ感染件数が報告されています。

 

イボができる以外は特に変わった症状なども見られず、痛みや痒みを伴うこともありますが、たいしたことは無いのでそのまま放置されているケースが多いようです。

 

尖圭コンジローマを放置した時のリスク

尖圭コンジローマは痛みや痒みといった症状も軽く、イボができるだけなので病院へ行くことに抵抗を感じたりすると、そのままの状態で放置してしまうことがあります。

 

しかし、そのまま放置してたら治療は行えませんので、感染状態が続くこととなります。当然性行為を行えば相手に尖圭コンジローマを移してしまうことになりますし、感染を拡大させる原因ともなってしまいます。

 

尖圭コンジローマに感染してイボができるのは感染してすぐではなく、潜伏期間が3週間~8ヶ月程度ありますので、イボという症状が出る前であれば気がつかずにいても仕方がありません。

 

しかし、尖圭コンジローマの疑いがあったり病院で診断してもらったのならば、性行為の相手であるパートナーにもそのことを報告し、病院で治療をしてもらうようにしなければなりません。

 

また、尖圭コンジローマは進行や症状に個人差があるとはいえ、治療をせずに放置しておいたのでは当然症状は悪化し、イボの量が増えたり患部が広がる可能性もあります。

 

悪性型のウイルスが潜んでいる可能性も?

尖圭コンジローマは、HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスに感染することで発症します。このHPVには良性型と悪性型がありますが、尖圭コンジローマの場合、主に良性型のウイルスによるものだとされています。

 

しかし尖圭コンジローマに感染した人の中から、悪性のHPVが同時に発見されたという例もあります。男性であれば「陰茎がん」、女性であれば「子宮頸がん」を引き起こす原因ともなってしまいますので、十分な注意が必要です。

 

 

感染拡大やがんの原因を防ぐためにも、尖圭コンジローマの疑いがあった場合は早急に病院を受診し、治療を行うようにしましょう。

 

 

 

尖圭コンジローマの薬、ベセルナクリームの使い方

ベセルナクリームは尖圭コンジローマに対する適応を持つ、保険診療が認められた日本唯一の薬剤です。

  

尖圭コンジローマとは

性行為によってヒトパピローマウイルスが感染することによって発症します。

 

男性では亀頭や陰茎に、女性では大小陰唇や膣の入口から膣内、子宮頸部などに鶏のトサカのような、カリフラワーのようなイボができます。自覚症状が出ないこともありますが、かゆみや痛みが出ることもあります。

 

ベセルナクリーム以前の治療法

液体窒素を使った凍結療法や、炭酸ガスレーザーによるレーザー蒸散療法などの患部の破壊を目的とした治療が中心でした。

 

メリットは効果がすぐに出ることです。デメリットは手術による痛み、傷跡が残ることがある、再発しやすい、といったことです。

 

ベセルナクリームの効用

患部に塗ることで免疫機能を活発化させ、ウイルスの増殖を抑え、ウイルスに感染した細胞を攻撃します。2007年から使われるようになりました。

 

メリットは、再発しにくく根治を望めること、広い範囲に使えることです。デメリットは、時間がかかることです。

 

ベセルナクリームの使い方

ベセルナクリームの有効成分であるイミキモドには刺激性があるので副作用を起こすことがあります。必ず用法容量を守らなければいけません。

 

実際の使用法としては、感染部(性器や肛門周囲)に一日一回を週三回、塗ってから10時間後に石鹸と水や温水を使って洗い流します。洗い忘れると重大な副作用が出る可能性があるので、寝る前に塗るのか、お風呂の時間を逆算して塗るのか、ライフスタイルに合わせて考えましょう。

 

※また注意事項として、クリームを塗った手指はすぐに洗浄すること、クリームを塗ったあとは性行為を控えること、です。

 

イボが消えても

尖圭コンジローマはイボが消えてもウイルスがまだ残っている場合があります。再発を防ぐためにも、イボが消えてからも治療を続けるようにしましょう。イボが消えるまで一ヶ月以上、その後も薬を2ヶ月以上は塗らなければいけません。

 

尖圭コンジローマは治療に時間をかけないと再発しやすく、非常に根気がいります。 不安なことは医師に相談して、腰を据えて治療にのぞみましょう。

 

 

尖圭コンジローマを防ぐには?感染予防策と治療法

尖圭コンジローマは、HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスによって感染する性病です。

性病である、淋病やクラミジア、ヘルペスに次ぐ感染報告がされており、性行為を行った人であれば誰でも感染する恐れのある感染症なのです。

では、この尖圭コンジローマを予防することはできないのでしょうか?

 

性病の場合、コンドームの使用などで感染を防いだりすることができることもありますが、この尖圭コンジロームにいたっては、それは不可能なこととなります。

イボができる部位は陰部付近や肛門付近であり、患部が広範囲であるため、コンドームを着用しても感染を防ぐことができないからです。

 

しかも、潜伏期間が3週間~8ヶ月となっており、症状も進行具合も人それぞれ違うために、感染したことに気づかずに、性行為で感染を拡大させている恐れもあります。

性行為関係にあるパートナーが特定で期間が長いのであれば、他からの感染がありませんのでその二人の間での感染はありませんが、短期間で不特定多数の人と性行為がある人は、感染の可能性が十分に考えられますので注意が必要です。

 

感染予防対策としては

尖圭コンジローマの感染を予防する対策としては、不特定多数との性行為を控えることしかありません。

感染を拡大させないためには、症状を見逃さず早期に治療することです。

潜伏期間が人それぞれで、症状も様々であるため感染を見逃してしまうことも多い病気ですが、イボは必ず症状として現れるものです。

イボを発見したら早期に受診し治療を行うようにしましょう。

 

治療は塗り薬と外科的治療の2つになります。

初期段階で症状が軽ければ塗り薬で治ってしまいますので早期発見、早期治療が大切です。保険も適用されますので費用は約5000円~8000円程度です。

 

性行為を行えば誰でも感染する恐れのある病気ですから、性病だからと恥ずかしがって治療を行わず放置するのではなく、早めの治療を行えるようにしましょう。

 

(Photo by:http://pixabay.com/ja/%E5%8B%95%E7%89%A9-%E3%81%8F%E3%81%A1%E3%81%B0%E3%81%97-%E9%B3%A5-%E3%81%B2%E3%82%88%E3%81%93-%E9%B6%8F%E8%82%89-%E8%8B%A5%E3%81%84%E3%81%8A%E3%82%93%E3%81%A9%E3%82%8A-%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%88-17502/)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-08掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感染症に関する記事

咽頭クラミジア、クラミジア肺炎とは?セックスしなくても淋菌感染症になる!?注射療法とその効果

病気の治療にかかる時間には個人差がありますが、大体を知ることは可能です。例え...

破傷風には3種類ある!潜伏期~回復期の症状は?新生児破傷風・・予防には妊婦のワクチン接種が重要!軽症・重症の治療

  破傷風とひと口に言っても、これには局所型破傷風、脳型破傷風、全身型破傷風の...


家畜やペットから感染!?抗生物質が効かない?..実は怖い感染症とは

 牧場などに行ったときに、牛などに触った後、ごくまれに皮膚病が起こることがあ...

カラダノートひろば

感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る