カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 憂鬱 >
  4. 一時的なもの??憂鬱な気分の原因と症状チェック

メンタル

一時的なもの??憂鬱な気分の原因と症状チェック

 

 

新生活を始める4月を過ごしゴールデンウィークが明けると、一般的に5月病と呼ばれる「気分の沈み込み」が起こりやすくなります。新生活を始めた頃はやる気に満ち溢れていたのに、5月に入るとどうも前向きな気持ちになれない、晴れやかな気持ちになれないなど、誰でも経験があると思います。さらに、それが梅雨が明けるまで続いたりするのです。

 

これは、体が新生活に適応しようとして調整する前の段階で起こりやすく、心配事や悩みなどによって心がふさぎがちになってしまう状態です。新しい仕事を覚える、役職に就く、交友関係を広げようと他人に気を使うということでも起こりますし、家庭内であれば体が疲れてしまい会話が減ってしまう、子供の様子がわかりにくくなるなどの不安感からも起こるのです。

 

しかし、憂鬱であることが必ずしも「うつ病」と断定されるわけではありません。うつ病は環境などによるストレスで発生しやすいものでなく、頭痛や不眠、めまい、極度の緊張、幻聴がある、自傷行為をするなど体の病気などから起こることがほとんどです。そのため、一時的な気持ちの落ち込みにも関わらず、正しい診断を受けずに「うつ病」だと自ら病気になってしまう人もいるので、専門医に診てもらう前に一時的なものなのかどうか確認することが必要です。

 

まず、憂鬱だと感じている時には、次のような状態になっていないかチェックしてみましょう。

 

・休日は出かけることがなく一日中寝ている、もしくは寝ていたい

・食べ物の味がわかりにくく、美味しいと感じることがなくなった

・感情表現が淡々とした反応になった

・好きな音楽や映画を見ても感動が薄くなった

・集中力が持続しなくなった

・記憶力が低下するようになった

・自分を責めるようになった 

・体のどこかしらの部分を傷つけるようになった

・些細なことなのに急激に怒り、その怒りが覚めやすくなった

 

これらの状態が、十分な休養や睡眠、食事など生活習慣を整えてみて、改善が見られない場合には専門医に診断してもらうことをおすすめします。

 

(Photo by: //www.beiz.jp/web/download_S/sky/51338.html)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

憂鬱に関する記事

病的な憂鬱を見分ける2つのポイント

明日のことを思うと何だか憂鬱だと言う気持ちを持つのは、人の気持ちとしてごく自然...

憂鬱は心と身体の防御反応?

    人が憂鬱だと感じるのは、何らかの嫌な原因があるからだと思いがちです。た...


気分転換が一番!心の切り替えが可能な憂鬱

          「気分が憂鬱だ」「何をする気にもなれない」「ダルくてどうし...

泣いてスッキリ?手軽な方法で憂鬱な気分を吹き飛ばそう!

  この憂鬱のもとになるセロトニンの減少を防ぐには、基本的には食事や睡眠などの...

カラダノートひろば

憂鬱の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る