カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 子供 >
  4. 睡眠が大事!「子どもの睡眠障害と片頭痛」

頭痛

睡眠が大事!「子どもの睡眠障害と片頭痛」

 

最近の研究では、子どもの頭痛に睡眠障害が深く関係していると言われています。 

 

 

特に寝付きの悪さが問題

 

アメリカの研究で、子どもの慢性的な頭痛には睡眠障害が関連していると報告されています。慢性的な頭痛を訴える小児(1 か月に15日以上の頭痛が 3 か月以上続く)では 3 分の2以上の子どもで睡眠障害が見られています。特に寝付きの悪い子どもが多いと報告されています。なかなか寝付けずよく眠れない、よく眠れないために疲れる、ということを繰り返しており、その結果、頭痛が多発していることが報告されています。

寝付きの悪さだけでなく、夜間または早朝に起きてしまう、ぐっすり寝た感じを持てない、などの睡眠障害も見られています。

 

頭痛と睡眠障害の悪循環

 

頭痛と睡眠障害の、どちらが先に起こるかは現在のところ明らかになっていません。子どもによって、睡眠障害が先に見られていた例と、頭痛のせいで眠れなくなった例があります。両者は相互に悪影響を及ぼし、睡眠障害は頭痛を悪化させ、頭痛は睡眠障害を悪化させます。頭痛と睡眠障害、どちらに対してもアプローチしていくように治療をしないと、頭痛の症状のコントロールは難しいと考えられています。

 

睡眠障害の改善が頭痛の改善につながる

 

薬を使わないで、睡眠障害を治療して行く方法としては、子どもに毎日のスケジュールを守るように注意して、良好な睡眠習慣を身に付けさせる方法があります。子どもとその家族に良い睡眠習慣について教育するだけで睡眠の質が改善し、頭痛の改善に役立つといわれています。

 

日課を作ってぐっすり眠ろう

 

子どもの寝室では、気持ちを落ち着けて、リラックスできるような活動だけをするようにした方がよいでしょう。テレビやゲームなど子どもの興味を引くような、刺激的なものは寝室には置かないようにしましょう。また、寝る 1 時間ほど前からは、部屋を暗めの灯りにしたりして、静かに、気持ちを落ち着けて過ごすのがよいでしょう。子どもの眠りやすい心の状態を作るような日課を決めることも効果的です。読書や音読、ストレッチなどを日課にして、寝付きがよくなるように工夫しましょう。

 

お子さんの健康のためだけでなく、大人にとっても、よい睡眠習慣は大切なものです。家族みんなで寝る前の行動などを見直してみましょう。

 

Photo://www.ashinari.com/2011/07/26-348605.php

著者: 夏樹さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

子供に関する記事

子供の片頭痛の一種!自家中毒にかかりやすい子って?

  自家中毒は症状が頭に出ないタイプの片頭痛です。頭痛という名前ではあっても、...

将来どうなるの? 片頭痛の子どもの予後について

  片頭痛になったお子さんをお持ちの方は、将来どうなるかについてご心配の方...


室内でゲームやパソコンばかりしてる子は気を付けて!子どもに増えている頭痛のパターンとは?

  頭痛に悩まされるのは、大人だけだと思っていませんか?ところが、子どもにも頭...

子どもの頭痛の対処法

    子どもの頭痛の対処法は、まず頭痛を見分けることから始まります。    ...

カラダノートひろば

子供の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る