カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 老眼 >
  5. 若い人でもなる!?「老眼」の正体と治療法について

気になる病気・症状

若い人でもなる!?「老眼」の正体と治療法について

 

人は誰でも、歳を取っていきます。

高齢になることによって体の様々な部分が衰えていきますが、目も同じように衰えていきます。

 

老眼とは

「老視」とも言います。

加齢により、水晶体という目のレンズ部分の弾力が弱まります

水晶体はカメラのレンズと同様に、厚さを調節することで光の屈折を調節し、対象物がはっきりと見えるようにしています。

しかしその弾力が弱まることにより、近いところを見るときに必要な目の調節ができにくくなるため、近いところがよく見えなくなります

 

遠視と老眼は別物!

遠視も老眼も、どちらも「近いものが見えにくい」という同じ症状があります。

一見同じ理由から起こる異常のように思えますが、実は別の理由で起こるのです

健康な20~30代の人であれば、目から入った対象物は光として目に入り、目の奥(眼底)にある「網膜」で対象物の像を作ります。

遠視の場合、網膜の後方で像を作るため、きちんと見えない状態になってしまいます(近視であれば、網膜の前方で像を作ることになります)。

これが老眼になると、対象物の像はきちんと網膜で作られているにも関わらず、水晶体の弾力が低く、必要な調整ができないため、近いものが見えにくくなるのです。

 

いつ頃から見えにくくなる?

老眼というと、歳を取ってからガタっと視力が悪くなるイメージがあります。

しかし実は、水晶体の調整力は、10代から徐々に弱まっているのです。

調整力は10代に比べ、30代で半分になってしまうと言われています。

40代になると、調整力が1/3にまで低くなるため、老眼といわれる症状が出てくるのです

老眼は、主に43~45歳で好発すると言われています。

 

老眼の治療法

老眼は、上記でお話しした成り立ちの違いから、遠視用の眼鏡では対応することができません。

きちんと眼科で検査を行い、適当なレンズのメガネを使用することが必要です。

また、現在は視力改善としてレーシック治療が流行っています。

しかし、老眼の場合はレンズの弾力・調整力がその原因となり、通常の視力障害とは違いますので、レーシックを希望される場合には必ず病院に「老眼に対するレーシック治療は行っていますか?」と確認をしてください。

 

加齢は、誰もが避けられないものです。

老眼を放っておくと、目ができるだけ調節を頑張ろうと無理をし、目の疲れや頭痛などを引き起こす可能性があります。

「あれ、見えにくいな?」と思ったら、まずは眼科で相談してみましょう。 

受診の時間がない場合には、市販のメガネ販売店で老眼鏡を試着し、自分に合うものがあれば一時的にそれで対応するのも良いと思います。

 

(photo by //www.ashinari.com/2010/05/13-036603.php)

著者: Calmenさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

老眼に関する記事

若い人は特に注意!スマホ老眼…目の疲れを感じたときにする5つの対策とは?

スマホなどから発せられるブルーライトが、目に悪いと言われていますよね。そんな...

老眼治療のレーシック-気になる費用と後遺症-

近眼の治療方法の一つがレーシックです。老眼の治療にもレーシックは使われていま...


老眼かな?と感じたら

    「細かい字が読みにくくなった」、「明るいところではものが見えるが...

若いから老眼が起こらないなんて大間違い!スマホを使って目が疲れたと感じている人は危険!

老眼というと、その文字からある程度年齢を重ねた人がなるものと想像します。しか...

カラダノートひろば

老眼の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る