カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 依存症 >
  4. 薬物依存症 >
  5. 薬物依存症の症状とは?

メンタル

薬物依存症の症状とは?

 

薬物依存症の症状とは?

 

 

薬物依存症は、大麻や覚せい剤など、特定の薬を服用することにより、その服用を自分ではとめることができなくなる症状のことです。

もちろんこれらの薬物は法律で禁じられているので、所持していても服用しても法的に処罰されることになります。

それでも後を絶たない薬物依存症増加の背景には、インターネットの普及に伴い簡単に手に入れられる状況になってしまったことと、その依存性の強さがあると思います。

 

 

大麻や覚せい剤など、一度服用してしまいそれをまた服用したくなり、それがとめられなくなったら、薬物依存症です。

大麻や覚せい剤、コカインやヘロインなどはその中毒性が高いものであるからこそ、法律で禁止されているのであって、一度きりだからと甘い考えで使用しても、すぐに中毒となり薬物依存症になってしまうというのが恐ろしいところです。

 

 

薬物依存症になると

  • イライラして落ち着かない
  • 精神不安定
  • ビクビクする
  • 不眠
  • 食欲不振
  • 栄養失調
  • 幻覚や幻聴
  • 暴力的になる

 

 

薬物の所持や服用でも犯罪で、尚且つこれらの症状などから犯罪へと発展してしまうケースがとても多いようです。

これらの症状が現れ、自分ではどうしようもならない薬物依存症に陥ってしまったときは、周囲へ協力を求めるようにし、周りでこのような症状の人がいるならば、そっと手を差し伸べるような協力をしてあげるようにしましょう。

 

 

 

 

 

(Photo by://www.pakutaso.com/201306photo039post-2412.html )

 

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬物依存症に関する記事

依存性薬物「大麻(マリファナ)」について

  大麻はマリファナともいわれる麻薬です。     麻から採れる麻薬...

コカインやLSD…中枢神経系の働きを抑制する薬物と依存性メカニズムについて

薬物依存症は継続して摂取していた薬をやめることができず、強い渇望感を生じ、精...


合法ドラッグは「合法」ではなく「脱法」?

  薬物の乱用は依存症や中毒といった精神的・身体的な悪影響を与えます。そのため...

薬物依存症が身体へ与える悪影響

  薬物依存症が身体へ与える悪影響     薬物依存症とは、特定の薬を服...

カラダノートひろば

薬物依存症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る