カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 発熱 >
  5. 赤ちゃんの突然の発熱!突発性発疹

育児・子供の病気

赤ちゃんの突然の発熱!突発性発疹

 

赤ちゃんの突然の発熱!突発性発疹

 

 

赤ちゃんの突然の発熱は、親ならば誰もが不安になり慌ててしまうことでしょう。

咳も鼻水も出ていないし、さっきまではあんなに元気だったのに…

 

そんなときは突発性発疹かもしれません。

 

 

突発性発疹とは?

突発性発疹とは、赤ちゃんが持って生まれる母親からの免疫が切れる、約6ヶ月から2歳くらいまでの間に発症することが多い病気で、赤ちゃんの始めての発熱が突発性発疹だったということもよくあります。

 

 

突発性発疹の特徴

  • 突然の発熱(事前に具合が悪いなどの症状が見られない)
  • 高熱が3日~4日続く
  • 高熱でも元気なことがある
  • 高熱でも食欲がある場合もある
  • 熱が下がってから発疹が出る(発疹にかゆみはない)
  • 発疹は1週間くらいで消える(発疹は後に残らない)

 

 

突発性発疹の場合、病院に行っても特別な薬が処方されるわけでもなく、解熱剤をもらう程度です。

しかも、熱が下がって発疹がでるまでは突発性発疹であると診断できないので、「とりあえず自宅で安静に」と言われて帰宅するようになります。

それでもはじめての発熱でしかも40度近くの高熱であれば、とても心配になってしまいます。

気をつけなければならないのは、高熱で汗をかくことによる体内の水分減少です。

脱水症状を起こさないために、こまめな水分補給を心がけ、頭や脇の下、太もも付け根の動脈部分などを冷やすなどして、高熱による体の暑さを少しでも和らげるようにしてあげましょう。

突発性発疹は基本、病気ではないのですが、それが原因で痙攣や脳炎、脳症などを引き起こすかもしれませんので、赤ちゃんの様子をよく観察し、おかしい症状が現れたらすぐに病院へ連絡するようにしましょう。

 

 

突発性発疹は、突然の高熱とその後の発疹によって診断されます。原因はウイルスなので特定の薬はありません。

しかし、素人が簡単に突発性発疹であると安易に診断することは危険です。

 

もし別の病気だったら大変なことになってしまいます。

ですから熱が出た時点で病院へ行って受診するようにしましょう。

 

特に乳幼児、赤ちゃんに多いので病院を受診してから自宅で安静に過ごさせるようにしましょう。

 

 

 

 

(Photo by://www.pakutaso.com/201240photo179post-1632.html )

 

 

 

 

 

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

発熱に関する記事

子どもの高熱、原因は腎盂炎かも?病気のサインを見逃さないで

腎盂炎(じんうえん)とは、何らかのかたちで尿道に菌が入り、その菌が逆流して腎臓...

ヒトメタニューモウイルスってなに?どうやって対処するの?

『ヒトメタニューモウィルス』って聞いたことありますか?   1~3歳の幼児の間...

発熱の体験談

初熱、発熱

6ヶ月を過ぎるとお母さんからもらった免疫が切れて風邪をひきやすくなる、と良くいいますよね。 産...

長引く発熱や下痢、嘔吐。メモは大切。

夜間の突然の発熱や、嘔吐。下痢。びっくりしますよね。 ましてや初めての病気だったりすると心配で何を...

カラダノートひろば

発熱の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る