カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 嘔吐 >
  5. 子供の嘔吐で気をつけること 吐いた後の脱水症状・窒息の対処法

育児・子供の病気

子供の嘔吐で気をつけること 吐いた後の脱水症状・窒息の対処法

子供はよく嘔吐をします。

病気や気分が悪いとき、咳き込んだだけでも嘔吐してしまうことがあります。

大人と違い、一度嘔吐すると繰り返し嘔吐してしまい、自分で我慢したり吐き気を抑えたりということができないのが子供の特徴でしょう。

 

そんな何度も繰り返し嘔吐する子供に対して、そばに居る親や大人が気をつけておかなくてはならないポイントがあります。

 

子どもが嘔吐した!脱水症状になってない?

嘔吐というと脱水症状が気になります。

吐くことで水分が失われるので子供であれば、すぐに脱水症状になってしまうこともあります。

 

しかし嘔吐と下痢が同時進行の場合は、特に脱水症状に注意しなければなりません。

また嘔吐だけの場合、吐いた後にすぐ水分を飲ませることによってさらに吐き気を促してしまうこともあるのです。

 

嘔吐した後の対処法

嘔吐した後は口の中をきれいにすすぐ程度にし、しばらくは絶食します。

2,3時間経って落ち着いてきたら、水分を少しずつ様子を見ながら与えるようにしましょう。

 

このときの水分は、水か体内に吸収されやすいスポーツドリンクなどを人肌程度に温めてから与えると良いでしょう。

 

嘔吐して「窒息症状」になってない?

もうひとつ嘔吐で気をつけなければならないのは、嘔吐を詰まらせることで起こる窒息です。

 

子供は寝ながらの状態で嘔吐することもあります。

その時仰向けの状態で居ると、吐いた異物がそのまま喉や気管に詰まり、窒息してしまうことがあるのです。

 

ですから、子供が嘔吐を繰り返している状態のときは、側から離れないように常に意識して様子を見ていることが必要です。

 

もし心配なときは仰向けではなく体を横にした状態で寝かせておくようにします。

これによって嘔吐したとき嘔吐物が喉に詰まることを防ぐことができます。 

子供の嘔吐で気をつけるポイント

・嘔吐後はしばらく様子を見て、時間が経ってから水分を与える

・水分は少量ずつ人肌に温めて与える

・嘔吐後は口の中や汚れた部分を清潔にしてあげる

・仰向けで寝かせていると嘔吐物を詰まらせる危険性があります

 

子供の嘔吐で気をつけるポイントをよく理解し、正しい処置を行うようにしましょう。

 

嘔吐を繰り返し脱水症状が心配な場合は、病院を受診して点滴などを行ってもらえるようにしましょう。

 

(Photo by://www.pakutaso.com/)

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

嘔吐に関する記事

知っておこう!子どもが突然吐いてしまった時の対処方法と原因とは?

子どもが突然吐いてしまった時、急なことでどう対処したらいいのか分からなかった...

胃液により食道が炎症!?乳児の胃食道逆流

赤ちゃんの胃と食道をつなぐ部分はまだまだ未熟です。飲んだものが胃と食道をいった...

嘔吐の体験談

生後1ヶ月 びっくりしたこと①

想像と違ってびっくりしたことを書きます。はきもどし寝てしまったらげっぷをしないでベッドにおくことがあ...

突然の嘔吐の対処法

突然かなりの嘔吐をしてから、座薬をもらって帰りました。家に帰って、すぐに、座薬を入れました。吐かれ...

カラダノートひろば

嘔吐の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る