カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 症状 >
  5. その他 >
  6. めまい?頭痛? 片頭痛に関連するめまい

頭痛

めまい?頭痛? 片頭痛に関連するめまい

 

片頭痛の患者さんでめまいの症状を訴える方がいたり、めまいの患者さんで実は片頭痛が原因だったりすることがあります。

  

めまいと片頭痛の関係

めまいと片頭痛の関係を表す研究結果はいくつも報告されています。

 

緊張性頭痛の患者さんでは約3割にみられるめまいの症状ですが、片頭痛の患者さんでは半数以上(54.5%)に見られたという報告もあり、めまいは、片頭痛で見られやすい症状と考えられています。

 

また、片頭痛の患者さんの約30%に浮動性めまい(ふわふわ宙を浮いたようなめまい)が、約25%に回転性めまい(ぐるぐる目が回るような)があるとも言われています。

 

逆に、めまいの患者さんを調べたところ、約4割の患者さんが片頭痛を訴えたという研究結果もあります。

 

片頭痛とめまいが合併する機序としては、血管収縮によるもの、神経の障害や炎症など様々なものが考えられ、現在研究されています。

 

脳底型片頭痛

従来からめまいと片頭痛を来す疾患として知られているものの一つが、脳底型片頭痛です。

 

国際頭痛学会の診断基準では脳底型片頭痛は前兆としての回転性めまい、耳鳴り、難聴など、脳幹や小脳に関係する症状を2つ以上伴う片頭痛と定義されています。頭痛の前兆の責任病巣が、脳幹または両側大脳半球と考えられています。

 

若い成人(20〜40歳)に多いと言われています。

 

片頭痛関連めまい

めまいの症状を持つ片頭痛患者さんの多くは、脳底型片頭痛の診断基準を満たさないことが多く、「片頭痛関連めまい」と診断されることがほとんどです。

 

片頭痛関連めまいの診断基準

1. 繰り返すめまい、耳鳴り、難聴などの症状がある 

2. 国際頭痛学会の診断基準を満たした片頭痛が現在あるか、過去にあった

3. 二回のめまい発作のうち少なくとも一つに、片頭痛の症状(前兆も含める)を認める

4. その他の原因の例外

 

治療と予防

めまいと片頭痛が同時に発症することもありますが、時期を別に発症することも多いため、片頭痛の治療とめまいの治療を、患者さんの症状を見ながら組み合わせて行っていきます。

 

めまいの治療や予防としては、抗ヒスタミン薬を処方したり、水分バランスを整えるように指導したりします。また、めまいが起こった時に、転倒したりしないように、起床時に無理に動かないこと、体を動かすときは徐々にゆっくりすることなどを注意してもらっています。

 

最近では、なかなか治らないめまいの患者さんに対して、片頭痛を疑って片頭痛の治療を行うと治ったという報告もあります。

 

ご家族に片頭痛の方がいる場合などは、片頭痛になる可能性も高いといわれていますので、めまいの症状でお悩みの場合は、一度片頭痛の兆候がないか確認してみたり、相談されることをおすすめします。 

Photo by : //kids.wanpug.com/

著者: 夏樹さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

ストレスが原因?同時に起こる片頭痛(偏頭痛)と不整脈

偏頭痛と不整脈というと一見、脳と心臓で全く関係のないことのように言われます。...

片頭痛でお腹が痛い!腹部片頭痛!

    片頭痛と言うと、側頭部がズキズキと拍動性に痛むというイメージが強いか...


片頭痛(偏頭痛)は30・40代が最も辛い?生活環境を見直そう

  偏頭痛は遺伝する頭痛と言われることがあります。そうは言っても親が偏頭痛だった...

年齢で変化する片頭痛(偏頭痛)の痛み 年齢に対応した対処を!

  片頭痛を発症している人は、そのほとんどが発症年齢が20代以前です。若い頃に片...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る