カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 炭疽 >
  5. 可愛いと思っても要注意!海外旅行に行っても動物に触ってはいけない理由

気になる病気・症状

可愛いと思っても要注意!海外旅行に行っても動物に触ってはいけない理由

 

 

炭疽は、炭疽菌を原因とする感染症です。

人畜共通感染症で、感染した家畜や野生動物との接触や汚染された肉を食べることによって発症します。

 

感染地域

ヨーロッパや北アメリカなどの先進諸国では家畜からの感染が多く報告されています。

 

中東から南アジアにかけて、中南米、中央~南アフリカでは家畜・野生動物共に感染が多く、現在も多くの感染による死者が出ています。

 

症状

炭疽には3つの病型があります。

 

○皮膚炭疽

自然感染では最も多く見られ95%を占めます。皮膚の傷口から炭疽菌が入り、1~12日の潜伏期間を経て、痒み、イボ状のでき物、水疱、と進行し、えぐれて潰瘍ができ黒く壊死(炭疽の由来)します。

未治療の場合10~20%が死亡します。

 

○腸炭疽

感染獣の肉を不完全な調理法で食べることによって発症します。2~5日の潜伏期間を経て、腹痛、下痢、吐血や下血、を起こします。

未治療の場合、50%程が死亡します。

 

○肺炭疽

炭疽菌の芽胞体を吸い込むことによって発症しますが、ほとんど肺炭疽になる事はありません。ただし、発症した場合の致死率は非常に高く90%以上が死亡します。

 

 

 治療法

抗生物質が使われます。

炭疽が発症する前に投与する必要があり、感染から24時間以内が望ましいとされています。

 

予防

ワクチン(予防接種)は副作用の問題があり日本では承認されていません。

 

感染地域では不衛生・不十分な調理の肉は食べないようにしましょう。

また動物に不用意に近づくのは危険です。

 

まとめ

厚生労働省のHPで炭疽を含め様々な感染症情報を知ることが出来ます。

海外旅行に行く前に目を通しておきましょう。

 

 

厚生労働省検疫所↓

//www.forth.go.jp/index.html

 

  

(Photo by://pixabay.com/ja/%E3%83%AD%E3%83%90-%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B9-%E8%87%AA%E7%84%B6-%E5%A4%96-%E5%8B%95%E7%89%A9-%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%AD-%E6%9C%A8-105719/)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

炭疽に関する記事

炭疽(たんそ)ってなに?炭疽症とその対策

    炭疽はアフリカやアジア、アメリカなど世界の多くの地域で発生が見られる...

生物テロにも使用された炭疸菌!腸炭疸に感染する経路について

    炭疸は、感染した動物からも人へと感染する感染症です。 人への感染は自然感...


汚染された牛肉や馬肉を食べて炭疸に!?致死率が高い炭疸とは

    炭疸とは、致死率の高い非常に危険な感染症です。 どの生物からも感染...

動物から人へと感染?炭疸菌による感染症、人獣共通感染症の症状

    炭疸(たんそ)という病名を聞いた事があるでしょうか? 炭疸とは、炭疸菌に...

カラダノートひろば

炭疽の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る