カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 治療・薬 >
  5. 呉茱萸湯 片頭痛に効く漢方4

頭痛

呉茱萸湯 片頭痛に効く漢方4

 

片頭痛に効果のある漢方薬、今回は呉茱萸湯という漢方薬をご紹介します。

 

呉茱萸湯(ごしゅゆとう)について

 

呉茱萸(ごしゅゆ)、人參(にんじん)、大棗(たいそう)、生姜(しょうきょう) を組み合わせた漢方薬です。水毒を改善するために用いられます。疲れやすく、手足の冷えがある頭痛の患者さんに適しています。

 呉茱萸:強心作用、体温上昇作用、鎮痛作用

 人参:食欲不振、体力低下を補う

 大棗:抗ストレス作用、鎮静作用、腎障害改善作用

 生姜:健胃作用、体温上昇作用、吐き気止めの効果

 

呉茱萸湯はとても苦い薬です。グレープフルーツの苦味を凝縮させたような味と話す人もいます。「良薬口に苦し」と言いますが、漢方では体に合っている薬は飲みやすく感じるといわれています。呉茱萸湯をおいしく飲める人は、効果がある可能性が高いので、たとえあまり変化を感じていなくてもしばらく飲み続けてもらいます。また、まずいけれども結構飲めるという患者さんにもなるべく飲み続けてもらいます。

 

呉茱萸湯で片頭痛を治す

 

呉茱萸湯は強い痛みを伴う発作を繰り返す片頭痛の患者さんに使用します。じっとしていられない痛みがあり、発作の時に胃のあたりの膨満感や詰まった感じを訴えることが多い患者さんや、肩から首にかけて凝りがひどくなる片頭痛の患者さんに効果的です。呉茱萸湯は冷えに効果があるため、飲んだおかげで、クーラーにあたっても片頭痛が誘発されなくなったという患者さんの声もあります。吐き気を抑える効果のおかげで、頭痛の発作が出ても楽になったという話も聞きます。塩酸ロメリジンという急性期に用いられる薬と一緒に使うと、頭痛の症状の軽減だけでなく、薬の使用量も減ったという報告もあります。

 

呉茱萸湯は激しい痛みの片頭痛に効果があるので、強い片頭痛の症状にお悩みの患者さんは一度、試してみるのもよいかもしれませんね。

 

Photo://www.irasutoya.com/2012/11/blog-post_4240.html

 

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療・薬に関する記事

片頭痛の新しい治療法!?自己注射療法とは

  片頭痛の治療法と言えば、最近ではトリプタン製剤が注目を浴びることが多いです...

トリプタンの投与方法による違い。

    日本で群発頭痛治療の為に保険が適用される薬の代表的なものの一つとして...


片頭痛(偏頭痛)を予防する薬「デパケン」とは?

片頭痛が起こると、頓服的に鎮痛薬を服用すると思います。しかし、その頻度が多く...

片頭痛治療の市販薬はどれを購入するべき?それぞれの特徴と選び方について

片頭痛が起こる原因は、主に血管の過度の拡張によって血流が増加し、またそれによ...

カラダノートひろば

治療・薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る