カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 原因 >
  5. ヘルニア予防に生活を改善しましょう

関節痛・腰痛

ヘルニア予防に生活を改善しましょう

 

関節痛・腰痛ヘルニアで悩んでいる方が、最近とても多く感じられます。
食生活や日常の姿勢や靴、ストレスなど、原因は思わぬところに潜んでいることをご存知ですか?


関節痛や腰痛ヘルニアは、痛い部位のみの治療を行っても、根本を正さなければ完治できません。

背骨の異常や、病気による痛みの場合は、問診や検査で明らかにされやすく、原因を追究し治療を進める事が出来ます。
ただし、問診や検査をしても、原因の分らない痛みがあります。心因性の腰痛です。
検査によって原因を明らかにすることが出来ないため、完治がとても難しいのです。
この心因性腰痛の場合は、抗うつ剤などを使用したりもします。

 

また、老化によって関節痛を引き起こした場合は、治療よりも筋肉の強化に努めなければなりません。
そして、関節の骨と骨の間のクッションがすり減っているため、痛みを感じやすくなります。
筋肉の強化に加えて、日常生活の動作を見直す必要があります。

 

無理な動作をしない・コンドロイチンを補給する・筋肉を強化する(過度な運動はNG)この3つが大事です。

 

無理な動作をしない

・痛みを伴う無理な動作はもちろんのこと、長時間同じ作業を行う事も注意が必要です。
掃除機やお風呂掃除など、長時間同じ動作で続けることで、後から痛みや違和感がおしよせてきます。

 

コンドロイチンを補給する
・コンドロイチン自体がヘルニアを治療するわけではありませんが、コンドロイチンは骨と骨をつなぐクッションの役割をする軟骨の生成を助けます。痛みの緩和に効果的です。

 

 筋肉を強化する(過度な運動はNG)

・筋肉を強化することによって、背骨をしっかりと支える役割を担います。
筋肉がしっかりしている事で衝撃や負担を和らげることのできます。 

 

関節痛・腰痛ヘルニアは、原因によって対処法が違うためしっかり自分の生活を見つめなおし、根本を正して治療を進めなければなりません。


関節痛や腰痛ヘルニアにならないために・・

 

1.食生活の見直し(減塩・脂肪分の過剰摂取を防ぐことで過度な肥満を防ぎます)
2.適度な運動を心がける
3.ストレスをためない

 

これは関節痛や腰痛ヘルニアだけでなく、他の病気にも共通して言えるのではないでしょうか?
日々の努力によって、痛みのない生活へ。

 

 

(イラスト: by //kids.wanpug.com/illust222.html)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

幼少期の激しい運動が原因?!腰椎分離症

「腰椎分離症」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?腰椎の分離とは、腰椎の...

椎間板ヘルニアの原因を知っていますか?

  そもそも椎間板とは、中心がゼリーの様な柔らかい髄核で、繊維輪が囲むような形...


腱鞘炎で生じる指の動作異常「ばね指」とは?

  指を酷使することで生じる腱鞘炎ですが、その症状とは指や肘に関節痛が生じ...

突き指予防と治療にはテーピングが有効

    スポーツに付きものの突き指、予防対策にも治療法にもテーピングが有...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る