カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 加齢黄班変性症 >
  5. 日本でも患者が急増中!他人事ではない?加齢黄斑変性の予防法とは

気になる病気・症状

日本でも患者が急増中!他人事ではない?加齢黄斑変性の予防法とは

 

今は日本古来の生活習慣の中に、欧米の特色が強く入ってくるようになりました。

ファーストフード、ファミレスなど、非常に身近です。

加齢黄斑変性は、欧米では非常に有名な病気であり、生活の欧米化が進む日本でも患者数が増加していることで注目を集めています。

 

黄斑って、どこ?

目は、3つの膜で成り立っています。

その中で、最も内側にあるのが「網膜」と言われるものです。

これは、カメラでいうフィルムに当たる場所です。

目から入った光がこの網膜に当って電気信号に変わり、脳に伝えられることで「見る」ことができます。

黄斑とは、この網膜の中心にある小さな場所の事です。

カメラの場合はフィルムのどこでも綺麗に写りますが、網膜の場合はこの黄斑は非常に綺麗に見えるのですが、それ以外はあまり良い視力を持ちません。

ですから黄斑は、目から入った対象物を最も鮮明に見せる、目の中でも非常に大切な場所の1つです。

 

 

加齢黄斑変性とは

網膜の下には、「網膜色素上皮」という細胞があります。

年齢を重ねることで、その細胞の下に不必要なもの(老廃物など)が溜まってしまいます

この蓄積が直接的または間接的に、黄斑に影響し、障害をもたらすのが加齢黄斑変性です。

黄斑の下だけでなく、他の網膜の下にも老廃物は蓄積します。

しかし、人間の視力には黄斑が非常に重要な働きをしているため、最も悪影響を受けやすいのです。

 

加齢黄斑変性の分類

1.萎縮型

網膜色素上皮が徐々に萎縮することで、網膜が障害されます。

それにより、視力がだんだんと低下していきます。

2.滲出型

網膜の下やその周辺の組織に異常な血管が生まれ、それらが網膜に障害を引き起こす場合の事です。

異常な血管は正常な血管と違い、血液の成分が染み出てきたり、血管が破れやすくなっています。

そうすると、網膜がむくんだり、網膜の下に体液が溜まったりすることで、正常な働きを失ってしまうのです。

 

加齢黄斑変性の症状進行

1.変視症

目の前が歪んで見えます。

主に視界の中心が歪んで見え、周りは普通に見えることが多いです。

2.中心暗点、視力低下

視界の中心が黒くなる(見えない)ことを、「中心暗点」と言います。

更に、視力が低下していきます。

視力の低下は進行すると、字を読んだりすることもできなくなります。

異常な血管によって出血が起こった場合、出血量が多いと急に視力が低下することもあります。

3.色覚異常

症状が進んでくると、形だけでなく、その色まで分からなくなります。

 

加齢黄斑変性の治療法

萎縮型の場合、現在確立された治療法がないのが現実です。

異常血管による滲出型の場合には、目の中に注射をする薬物療法や、点眼、レーザー治療手術などで治療が可能です。

 

加齢黄斑変性の予防

加齢黄斑変性は、日々の生活を少し変えることで、予防することができます。

1.禁煙

喫煙している人は、加齢黄斑変性になる危険性が高いことが分かっています。

2.サプリメント

ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、亜鉛などを含むサプリメントは、発症を少なくすることが分かっています。

発症前の人はもちろん、片側だけ発症した人にも、サプリメント内服が強く勧められます。

3.食事への配慮

サプリメントと同様、緑黄色野菜も加齢黄斑変性の発症を抑えます。

また、肉よりも魚中心の食事の方が良いと言われています。

 

生活の欧米化が進み、加齢黄斑変性は海外の病気とは言えなくなってきました。

非常に身近になったこの病気は、失明のリスクもあります。

予防法は日本眼科学会も推奨していますから、是非日常生活に取り入れて注意をしていきましょう。

 

(photo by //www.ashinari.com/2013/02/27-376698.php

著者: Calmenさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

加齢黄班変性症に関する記事

酸化ストレスによる眼の黄斑部変性は、野菜の色素成分「カロテノイド」で40%の予防効果?

加齢黄班変性症とは、加齢に伴う酸化ストレスが原因で、網膜に損傷が起こり「...

知っておきたい、加齢黄斑変性症の手術はどんなもの?

  加齢黄斑変性症の治療では状況を見て手術治療を行うこともあります。 加齢黄...


失明にも繋がる!?加齢黄斑変性の2つのタイプとその特徴

  加齢黄斑変性とは失明になるかもしれないリスクがある網膜の疾患です。 その名...

加齢黄班変性の原因は『ハイドロキシアパタイト』だった?リンの過剰摂取には要注意!

角膜が白く濁ってしまう眼の病気、帯状角膜変性症の原因は、角膜上皮の下部分へのリ...

カラダノートひろば

加齢黄班変性症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る