カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 基礎知識 >
  5. てんかんの患者さんに片頭痛のリスク

頭痛

てんかんの患者さんに片頭痛のリスク

 

 

てんかんと片頭痛を同時に発症する人は多いことが知られています。アメリカの研究で、親や兄弟などにてんかんを発症した人がいる場合に片頭痛を発症するリスクがあがることが報告されました。

 

片頭痛にてんかんを合併する

 

片頭痛の患者さんは、片頭痛でない人に比べて、てんかんを発症する率が高いといわれています。一方、てんかんの患者さんでも片頭痛を発症する率はてんかんでない人の2倍近く高いこともあり、てんかんと片頭痛は合併しやすいことが明らかになっています。てんかんの部分発作では、約3割の患者さんが予兆のようなものを自覚しているといわれており、予兆の存在から片頭痛との関連が考えられます。てんかんと片頭痛の病態で共通しているのは、脳の興奮性が上がっていることと言われています。抗てんかん薬が片頭痛の予防に効果があると期待されていることからも、片頭痛とてんかんの関係が深いことが示唆されます。

 

てんかんを発症した家族がいると片頭痛のリスクがあがる

 

アメリカでの研究結果によると、親、兄弟、子どもといった近しい家族にてんかんを発症した人が2人以上いる場合に、てんかん患者本人の片頭痛を発症するリスクは2.5倍に上がることが明らかになりました。この結果によって、てんかんと片頭痛の発症機序が解明されれば、治療や予防に役立つと期待を寄せられています。

 

今後、てんかんと片頭痛、両方からアプローチした研究が進められ、発生の機序が明らかにされたり、治療法が発展することが期待されています。

 

Photo://www.ashinari.com/2010/10/29-037035.php

著者: 夏樹さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

セロトニンの分泌・代謝の変調が頭痛の原因?片頭痛とセロトニンの深い関係

原因不明で起こる、つらい片頭痛。その一因がセロトニンではないか?という説があ...

前兆のない片頭痛なら安心?

    片頭痛には前兆のあるものと、前兆のないものがあるのはご存知ですか?最...


片頭痛の人がもしもピルを飲んだらどうなるの?

片頭痛のひとは基本的にピルはNGとされています。特に日本頭痛学会で示している...

発作性片頭痛が慢性片頭痛になるメカニズムを知ろう

  片頭痛には2日に1回以上、3カ月以上の期間にわたって起きる慢性片頭痛とそれ...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る