カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 炭疽 >
  5. 炭疽(たんそ)ってなに?炭疽症とその対策

気になる病気・症状

炭疽(たんそ)ってなに?炭疽症とその対策

 

 

炭疽はアフリカやアジア、アメリカなど世界の多くの地域で発生が見られる感染症です。

2001年にはアメリカで炭疽菌によるテロも行われ、その後の消毒作業には莫大な時間と費用がかかりました。

 

もし、身の回りのものが炭疽菌に汚染されてしまったらどうすればいいのでしょうか?

 

感染ルート

人から人に感染することはありません。

炭疽菌に感染した家畜や野生動物との接触、汚染した肉を不十分な加熱で食べることにより感染します。

 

 炭疽の95%は皮膚炭疽といって皮膚を介して感染します。

 

予防

 炭疽菌の芽胞は熱や冷気に強く、何十年も生き続けます。

 感染拡大を防ぐために汚染された身体や物はきっちりと消毒や滅菌をしなければいけません。

 

○身体が汚染されたら

次亜塩素酸溶液に一分間浸してから、石鹸を使ってしっかりと水洗いします。

また医師の診察を受けましょう。

 

○衣服が汚染されたら

出来るだけ早く脱いで焼却するかオートクレーブ滅菌します。

もしくは、4%フォルムアルデヒドか2%グルタルアルデヒド溶液に8時間以上浸けておきます。 

 

○部屋や建物が汚染されたら 

まずは十分に換気を行います。

そして、次亜塩素酸溶液、10%フォルマリン、4%グルタルアルデヒド、1%過酢酸、を汚染した所にしっかりと撒きます。

2時間以上そのまま置いておきペーパータオルで拭き取ります。ペーパータオルは焼却処分しましょう。

 

 

 まとめ

炭疽菌は殺傷力が強いと同時に生存力も非常に強い菌です。

芽胞を完全に除去するのは非常に難しいので、応急処置が済んだ後は専門家に任せましょう。

 

 

(Photo by://pixabay.com/ja/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%9F-%E6%8D%95%E9%A3%9F%E8%80%85-%E3%82%A4%E3%83%8C%E7%A7%91-%E3%82%AB%E3%83%8B%E3%82%B9%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97%E3%82%B9-%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-%E8%82%89%E9%A3%9F%E7%8D%A3-62898/)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

炭疽に関する記事

生物テロにも使用された炭疸菌!腸炭疸に感染する経路について

    炭疸は、感染した動物からも人へと感染する感染症です。 人への感染は自然感...

汚染された牛肉や馬肉を食べて炭疸に!?致死率が高い炭疸とは

    炭疸とは、致死率の高い非常に危険な感染症です。 どの生物からも感染...


可愛いと思っても要注意!海外旅行に行っても動物に触ってはいけない理由

    炭疽は、炭疽菌を原因とする感染症です。 人畜共通感染症で、感染した...

動物から人へと感染?炭疸菌による感染症、人獣共通感染症の症状

    炭疸(たんそ)という病名を聞いた事があるでしょうか? 炭疸とは、炭疸菌に...

カラダノートひろば

炭疽の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る