カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 伝染性単核球症 >
  5. 伝染性単核球症に感染したら脾臓破裂に注意した生活を!

気になる病気・症状

伝染性単核球症に感染したら脾臓破裂に注意した生活を!

 

 

 

 伝染性単核球症とは、エプスタインバーウイルスというヘルペスウイルスの仲間の感染によって起こります。

 

 

伝染性単核球症の特徴

○日本では幼児期に70%以上が感染し、成人では90%以上が抗体(免疫)を持っています。

 

○幼児期に感染してもほとんど症状が出ず、あっても2~3日の発熱や喉の腫れだけで治まることが多いようです。

 

○成人感染でも50%には症状が出ずに気付かれないまま自然と治癒してる事があります。

 

○主な症状は、極度の疲労感、発熱、喉の痛みと腫れ、です。

 

○感染者の唾液によって感染するので“キス病”とも言われています。

 

 

 治療

特定の治療法は無く、対症療法を行います。

 

気をつけなければいけない点としては、患者の50%に脾腫がみられることです。

 

発症から2~3週間後に脾腫は最大となり、脾臓が破裂する可能性があります。

死蔵が破裂すると通常は痛みが出ますが、中には痛みが無く低血圧を起こす事もあります。

 

 腹部への衝撃や急激な運動は、脾臓の破裂を招く可能性があります

医師の許可が得られるまで(通常は一か月ほど)は、人と接触するスポーツや重たいものを持つ事は避け、安静に過ごすようにしましょう。

 

 

まとめ

伝染性単核球症は、疲労感や発熱といった症状が早いうちに自然治癒する事も珍しくありません。

しかし脾腫が出来ている場合には、たとえ症状が治まっていたとして脾臓破裂を避けるためにも激しい運動や重労働は医師の許可が出るまでは避けた方がいいでしょう。

 

  

 

(Photo by: //pixabay.com/ja/%E5%AD%90%E4%BE%9B-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E5%B0%91%E5%B9%B4-%E5%AD%AB%E5%A8%98-%E5%AD%AB-%E3%82%AD%E3%82%B9-%E5%BA%A7%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B-%E8%A6%AA%E5%8F%8B%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%A7%E3%81%99-74077/)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

伝染性単核球症に関する記事

大人のキスと子供のキスの違いは?伝染性単核球症について

     伝染性単核球症は、エブスタインバーウイルス(EBV)というヘルペス...

日本では幼児期に発症しやすい、伝染性単核球症

    伝染性単核球症は、別名「キス病」とも呼ばれています。 これは口や気...


伝染性単核球症の合併症にはどんなものがあるの?

   伝染性単核球症は、EBV(ヘルペスウイルスの一種)の感染によって引き...

伝染性単核球症は一度感染するとずっと感染中になってしまう?!

    伝染性単核球症は、口や気道から感染する病気です。 そのためキス病な...

カラダノートひろば

伝染性単核球症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る