カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 治療・薬 >
  5. 妊娠中の頭痛の対処法と胎児への影響は?QOLを大事にした偏頭痛との付き合い方

頭痛

妊娠中の頭痛の対処法と胎児への影響は?QOLを大事にした偏頭痛との付き合い方

妊娠中はなぜ頭痛になってしまうのでしょうか。そこには、妊娠しているからこその理由があります。

頭痛に悩むママに送る、原因と緩和法をお伝えします。

 

また、妊娠している女性の片頭痛の患者さんは、何に注意すべきか、心配になる方もいらっしゃいますよね。

今回は妊娠中の片頭痛についても解説します。

 

妊娠と頭痛の関係

妊娠期に起こる頭痛は、ホルモンバランスの影響やストレス・疲れ・肩こりなどがキッカケとなり脳血管が締め付けられることから起きてしまう現象で、偏頭痛のような片側のみの痛みを感じる人もいれば、頭全体の痛みを感じる人もいます。

頭痛にもいくつかの種類がありますが、妊婦さんに多いタイプは「緊張型頭痛」といわれる頭痛です。

 

頭痛を緩和するには?

原因となるものがはっきりと解っていれば、原因の元を改善すると良いのですが(肩こりなどにはこりをほぐすなど)、原因がわからない頭痛の場合には、指圧・マッサージをして血流を良くし、脳の緊張をほぐすことが効果的です。他にも冷やす・頭を高くして寝るなどの対処も効果が期待できます。

 

妊娠中の頭痛の対処法

いつもなら市販の頭痛薬を飲むところですが、妊娠中はそれは厳禁。

薬を飲む前に下記の対策を試してみて下さい。

 

首・肩をほぐす

頭痛は、肩から頭にかけての筋肉のこりからきていることが多いです。

時間をかけてほぐしてあげましょう。首・肩を中心に毎晩ストレッチしてみて下さい。

 

お風呂に入っているときに、オイルで首・肩をもみほぐすのもお勧めです。

普段PCの前に座っているのが多い方などは、たまに腕を肩から上に持ち上げるだけでもストレッチになります。

 

身体を温める

身体の冷えから頭痛が来ている場合もあります。

シャワーだけで済ましている方は、浴槽につかるようにしてみましょう。

ただし、妊婦さんの長湯は禁物です。のぼせない程度に身体を温めましょう。

湯たんぽ等を利用して、末端を冷やさないようにするのも効果的です。

 

目の疲れをとる

目の疲れは頭痛に直結します。市販のホットアイマスクを使ったり、ホットタオルにアロマオイルを垂らして、自作のホットアイマスクを試してみるのはいかがでしょうか。

 

とにかく睡眠をとる

睡眠不足は頭痛を悪化させます。とにかく十分な睡眠をとることが大切です。

つわりや頻尿で寝不足がちになっている妊婦さんは特に、昼寝等で睡眠時間を確保すると頭痛が劇的に回復することがあります。

 

放っておくと、更に酷くなるケースも

頭痛を感じた場合、無理をせず休むことが大切です。

少し横になり眠ってみてください。

 

あまりに無理をしたり我慢をしていると、頭痛だけではなく、今度は頭痛が原因となり、吐き気や食欲不振などを引き起こすことにもなりかねません。

休んでみても改善されない場合には、医師に相談しましょう。

 

薬は使えるの?つわりからくる頭痛の対処法

医師にいたみ止めを処方してもらえる場合も

かかりつけの医師に相談をすると、胎児へ影響のない、痛み止めを処方してもらえる場合があります。

胎児へ影響がないように!と処方された薬なので、効き目は弱めです。

 

市販の頭痛薬は避ける

すぐに購入できる市販の頭痛薬ですが、中には胎児への影響も考えられる化学物質などが含まれている薬もあるので、市販の頭痛薬は避けましょう。

病院で処方してもらった薬のみ服用しましょう。

 

薬を使わない頭痛対策とは?

病院で処方される薬も少し心配だ・・・、病院へ受診することが難しい・・・などの理由から薬以外の対処法をお考えのママに、いくつかの対処法をお伝えします。試してみてください

 

・とにかく寝る!脳を休める!

・患部に冷たいタオルをあてる

・コーヒーを飲む

 

※コーヒー(カフェイン)には血管を収縮させる作用があるので頭痛や二日酔いなどに効果的とされています。

しかし妊婦はカフェインの摂りすぎに注意が必要なので、過剰に飲まないこと!

 

休んでも頭痛が改善されない、痛みが増すなどの異変を感じた場合にはすみやかに医師に相談をしてください。 

 

妊娠中の片頭痛について

妊娠中の片頭痛は軽減する?

ドイツの研究結果では、前兆のない片頭痛では、妊娠によって症状が軽くなる可能性が高く、片頭痛患者の約70%で、妊娠中もしくは授乳期間中に明らかな改善が認められると言われています。

前兆を伴う片頭痛の患者でも、約30?40%で妊娠中に頭痛が軽減するといわれています。

 

妊娠中に片頭痛の悪化が報告されることは少なく、前兆の回数が増加することが多いと報告されています。

 

妊娠して片頭痛になった人は、子癇前症の可能性

妊娠した女性が初めて片頭痛様の頭痛を発症した場合には注意が必要といわれています。

脳静脈洞血栓症や子癇前症(しかんぜんしょう)といった、妊娠中に特徴的な合併症の可能性があるからです。

またもともと片頭痛の患者さんの症状が、とつぜん変化した場合も同様の可能性から注意するべきです。

 

妊娠中の片頭痛の胎児への影響

妊娠中の片頭痛が胎児に影響を与える心配は少ないと言われています。

 

しかし、重度の片頭痛発作で、嘔吐とそれにともなうひどい脱水症状を伴う場合には、胎児に影響が出てくる恐れがあります。

体重が増えすぎた片頭痛の患者さんでは、子癇前症のリスクも高いので注意が必要です。

 

妊娠中の片頭痛治療

妊娠中の片頭痛の治療は薬を使わない療法を中心として、片頭痛の誘因の回避、リラックスできる環境づくり、バイオフィードバックなどを行います。

妊娠中に薬物療法が必要な場合は、必ず医師に相談して行うようにしてください。

 

妊娠中は片頭痛の症状が軽くなるなんて驚きですね。

ただし、子癇前症には十分注意して、必要に応じて医師と相談しましょう。

 

うつ病防止から片頭痛も解消!有酸素運動のススメ~脳内のセロトニンが増えるといいことがおこる!?

運動は頭痛の誘因となることがあるので、片頭痛もちの方で避けている人もいるのではないでようか?しかし、適度な運動は片頭痛を予防する効果があるのです!

 

適度な運動で片頭痛を解消!?

運動をすると、脳内のセロトニンが増えると考えられています。セロトニンはトリプトファンという必須アミノ酸からつくられているといいますが、通常トリプトファンがアルブミンというたんぱく質とくっついて存在しているため、「血液脳関門」という脳に入るための関所を通ることができません。

 

しかし、運動をすることによって、体内での脂肪の分解がすすみ、血液中に遊離脂肪酸が増えると、アルプミンはトリプトファンを手放し、遊離脂肪酸とくっつきます。

 

すると、トリプトファンは「血液脳関門」をスムーズに通過して、脳内に入ることができ、セロトニンに変換されます。運動には脳内のセロトニンを増やす効果があるというわけです。

 

有酸素運動は、セロトニン神経を鍛えるといった意味合いがあり、片頭痛治療上重要と考えられます。

 

有酸素運動の脳に良いその他の効果

うつ病防止

また、運動にはセロトニンだけでなく、ドーパミンやノルアドレナリンといった気分を高揚させたり、やる気を起こさせたりする神経伝達物質があるという説もあります。

 

これらは脳を元気にする精神伝達物質ですから、うつ状態に陥った心の回復が期待されます。

 

ストレスに強い体になる

体を動かすことでストレス解消になります。

 

快感物質エンドルフィンが分泌される

「ランニング・ハイ」という言葉を聞いたことがありますか? 走っていると気持ちがよくなってどこまででも走れてしまう感覚です。陸上競技をやった人だったら経験があるでしょう。脳内麻薬のエンドルフィンが出ている状態、とも言われています。

 

何十キロも走らなくても、15分程度の有酸素運動でもセロトニン、ドーパミン、さらに脳内麻薬のエンドルフィンが出て、プチランニングハイが味わえます。

 

運動を続けることによって、エンドルフィンが出やすくなるので、ぜひ継続して、気持ちよさを味わってストレスを発散させてください。

 

頭痛がきた時に運動するのはいけませんが、普段なんでもない時に軽い有酸素運動でリフレッシュすることは非常に大切です。 ダイエットにも効果があり、健康にもいいと実践する人が増えているウォーキングは、片頭痛の人にもおすすめの運動です。

 

また、血行障害が原因の緊張型頭痛の人にも、有酸素運動でからだをほぐすのは有効です。

 

QOL(生活の質)を大事にした片頭痛の治療法・注意点

片頭痛の治療では薬による治療だけではなく日常生活の注意も重要と言われています。

自分が求めるQOL(生活の質)を大事にしながら片頭痛を治療するポイントを見てみます。

 

●食品は頻度と時期に注意

片頭痛の原因となる血管拡張作用のある食品にはワイン、チーズ、ハム、チョコレートなどがあり、いずれも馴染み深い食べ物と言えます。

これらの食べ物を食べるのが好きという方の場合は片頭痛を誘発する食品をゼロにしてしまうとQOLが阻害されます。

 

そのため、ゼロにするのではなく頻度と時期に注意してワインやチーズを楽しめばよいのです。

具体的に言えば女性は排卵期と生理直前を避ける、毎日でなく2-3日に1回の頻度で少量を楽しむなど無理のない範囲で行いましょう。

 

●気圧変動の起きやすい場所を避ける

片頭痛もちの方のQOLを阻害しやすい状況として旅行が挙げられます。旅行だけではなく帰省などで遠くに行くときも含みます。

乗物の中で注意したいのは飛行機と新幹線の窓際席です。飛行機も新幹線の窓際も気圧変動を受けやすいので避けましょう。

移動は車、船などで行うのがベストですが飛行機を使いたいときには血管拡張食品を避けて、酔い止め薬を飲んでおきましょう。

 

●ストレス緩和も重要

片頭痛は重症であればそれ自体が末期がんと同じくらいのQOL阻害度と言われており、ストレスが溜まるのは必至とも言えるでしょう。

そのことから、片頭痛でQOLを下げないためにストレス管理を積極的に行うことも大事なポイントのひとつです。

 

QOLを阻害しないように片頭痛の治療を行うにはまず血管拡張食品の頻度や時期を見直すのが有効です。

その他に、帰省や旅行で長時間の移動をするときには気圧変動の少ない乗り物や場所を選ぶのも有効です。

これなら好きなものを食べたり、旅行に行ったりしてある程度QOLを守れます。

 

妊娠時の片頭痛との上手な付き合い方

片頭痛は、女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減ることで、セロトニンという脳内物質が脳の血管を拡張し片頭痛が起こるとされています。

 

妊娠中期と後期の6ヶ月間は、エストロゲンをはじめとする女性ホルモンの分泌量が高めで安定するため起こりにくくなります。

 

しかし、それでも片頭痛が起こることはあります。片頭痛が起こった場合はまず、赤ちゃんへの影響を考えて薬以外の方法を取りましょう。主に以下の方法があります。

 

1.首を冷やさないようにする

 首の後ろの骨が出ているあたりに、子宮のツボがあります。そこを冷やさないよう工夫しましょう。

 

2.こめかみを保冷剤で冷やす

こめかみを冷やすことで、拡張した血管を冷やして収縮させます。

 

3.カフェオレにシナモンを多めに入れて飲む

コーヒーには血管を収縮させる効果が有り、シナモンには鎮痛作用があります

 

以上のことを試してみて、それでも我慢できなかったら薬を処方してもらいましょう。医師と相談の上、母体への影響を考慮した薬を出してもらいましょう。

 

出産後は、女性ホルモンが元に戻ります。また、育児ストレスは睡眠不足が理由で起こりやすくなったり誘発されやすくなります。頭痛持ちの人は赤ちゃんがほしいと思った時点で、病院を受診して治療法を相談し、あらかじめ自分に合った薬を見つけておくことをおすすめします。

(Photo by:http://www.ashinari.com/ )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療・薬に関する記事

片頭痛治療の市販薬はどれを購入するべき?それぞれの特徴と選び方について

片頭痛が起こる原因は、主に血管の過度の拡張によって血流が増加し、またそれによ...

片頭痛に効く漢方のいろいろ 薬に頼らないで片頭痛の緩和方法とは?

片頭痛の治療に漢方が使われることを知っていますか?漢方薬は、作用が穏やかなこ...


片頭痛の新しい治療法!?自己注射療法とマグネシウムの有効性

片頭痛の治療法と言えば、最近ではトリプタン製剤が注目を浴びることが多いです。...

カラダノートひろば

治療・薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る