カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 子供 >
  4. いつか片頭痛になるかも? 小児周期性症候群

頭痛

いつか片頭痛になるかも? 小児周期性症候群

 

 

 

 

小児周期性症候群

 

小児周期性症候群は国際頭痛分類第2版では片頭痛に分類されています。小児周期性症候群には、周期性嘔吐症、腹部片頭痛、小児良性発作性めまいが含まれます。周期性嘔吐症の頻度は白人で2%との報告があり、日本での報告も多い疾患です。腹部片頭痛は海外ではありふれた疾患とされていて、有病率は1~4%との報告もあります。小児良性発作性めまいは海外の報告によると学童での有病率は2.6%です。しかし、腹部片頭痛も小児良性発作性めまいも日本での発症の報告は少ないです。それは、これらの概念がまだ普及しておらず、適切に診療されていない場合があると考えられています。

 

周期性嘔吐症

 

嘔吐と激しい吐き気からなる発作を繰り返す病気です。発作の時の子どもは顔面蒼白となり、眠りに陥る傾向がみられます。発作が起こっていない時には、症状は完全になくなります。様々な研究から、周期性嘔吐症は片頭痛に関連した疾患であることが示唆されています。

 

腹部片頭痛

 

主として小児に認められます。発作は繰り返して起こります。1〜72時間持続する発作性の腹部正中部の痛みを繰り返す原因不明の病気で、発作のない時には異常がみられません。腹痛は強い痛みで、吐き気や嘔吐をともないます。小児の場合、食欲不振として症状が見られることもあります。腹部片頭痛を有する大部分の小児は、後になって片頭痛を発症するといわれています。

 

小児良性発作性めまい

 

前触れなしに起こり自然に軽減する比較的短時間の回転性めまい発作を繰り返します。それ以外には脳波や聴力検査などを含めて健康上問題がないことが特徴です。

 

 

片頭痛への移行に注意

 

周期性嘔吐症は予後良好の疾患といわれていて、発症後数年で自然治癒することが多いです。吐き気や嘔吐などの発作の頻度は、年齢が上がるにつれて減少していくといわれています。注意すべきは、片頭痛への移行です。周期性嘔吐症の発症中は頭痛が認められなかったにもかかわらず、後年片頭痛を発症することもあります。また、腹部片頭痛の片頭痛への移行頻度は周期性嘔吐症よりも高いといわれています。

 

Photo://www.ashinari.com/2012/07/22-365872.php

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

子供に関する記事

頭痛持ちの子が学校に配慮してもらうために

慢性頭痛、ストレス性頭痛など、頭痛持ちの子は学校生活を送るのが大変なときもあり...

赤ちゃんの頭痛のサインとは

赤ちゃんは言葉をしゃべることができないので親がサインに気づいてあげる必要があ...


子どもの片頭痛に見られる3つの特徴

  子どもの片頭痛に見られる3つの特徴を見ていきます。   ●嘔吐子ど...

親でも発見しにくい子どもの頭痛!どうやって気づく?どうやって防ぐ?

頭痛持ちというと、大人のことのように思えるでしょう。しかし大人に発症するよう...

カラダノートひろば

子供の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る